カテゴリー「ラム」の記事

2009/06/21

マンゴーのスムースカクテル(名無し)

Dscn1512











 関東も梅雨入りし、蒸し暑くジメジメとした日が続いています。暖かくなってくると同時にスーパーの果物売り場が一気ににぎやかになってきました。枇杷、白桃、プラム、マンゴー、メロン、西瓜、さくらんぼ…色鮮やかで、見てるだけで元気になってきます。

 んで今回は、デザート代わりにマンゴーを使ったカクテルを作ってみました。小さめのミキサーがあれば作れますので(カクテル専用のごっついブレンダーでなくてもOK)、結構簡単です。

 口当たりがトロっとしていて、マンゴーとラムの良い香りがなんともたまりません。最初はスプーンで掬いつつ…ちょびちょびといただいても良いかと思います。
このカクテルはマンゴーのほか、桃、洋ナシ、巨峰等々いろんなバリエーションが楽しめるので、色々試してみようと思っています。

データ
カクテル名:マンゴーのスムースカクテル(名無し)
材   料:ホワイトラム 45ml, パッションフルーツリキュール 15ml, マンゴー 1個(マンゴーのサイズにより1/2個。今回は台湾産のアップルマンゴーを使用), クラッシュドアイス 適量
作 り 方:マンゴーを賽の目に切り、ラム、パッションフルーツリキュール(今回はパッソアを使用)、クラッシュドアイスとともにブレンダー(ミキサー)に入れて攪拌し、小さい氷を入れたグラスに注ぐ。

ポイント:
 このカクテルの肝は、「果物を食べる」ことにあるので、氷を入れすぎないこと(フローズンスタイルではない)。
 マンゴーは一定の大きさではなく、大きさがバラバラのほうが、ブレンダーで混ぜても、マンゴーの形が残るので食感が楽しめる。あとマンゴーはケチらないで多めに使いましょうw

 お酒として楽しみたい方はラムを45ml、果物メインに楽しみたい方はラムを30mlにすればいいと思います。

また、ラムではなく、テキーラやウォッカでもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/18

Trinidad Rum Providence 1991(Cask No.1807)(トリニダード・ラム・プロヴィデンス)

Dscn1037








 「今日は何を飲もうか?」

 仕事が終わってまず頭の中に浮かぶ言葉はこれ。ついで「何を食べようか」が出てくる。大体の場合は、家にあるワインや日本酒などを頭の中から引っ張り出してきて、献立を考えつつ帰るのだけれども、いまいち良いコンビネーションが浮かんでこない。今日は久々に過ごしやすい気温で、久々に白ワインでも飲みながら・・・と思っていたのだがしっくりこないので、久々に夕飯は外食で済ませて飲む酒は部屋についてから考えることにした。
 ここ最近はスパイスドラム&ソーダハイボールなどの炭酸系を飲んでいたのもあり少々その系統も食傷気味。それでは何を飲む?スコッチ?コニャック?それとも久々にしっかりとしたラムでも飲むか?頭に浮かぶのは茶色い液体ばかりなので、今日はそんな気分なんだろう。たまには茶色い液体をゆったり飲むのもいい。というわけで、家にあるストックの中から相棒として選んだのは、Trinidad Rum Providence 1991(Cask No.1807)(トリニダード・ラム・プロヴィデンス)だった。

 飲み方はストレートにするかロックにするか少し考えて、ロックを選択。多少涼しくなったとは言え、ストレートは少し暑苦しい。
 このラムはオランダのCAREL ELLINCKHUYSEN(カーレル・エリンクハイセン)という会社がリリースしているラムのシリーズなのだが、今日あけている他にも、特徴あるラムを出している(シングルカスク&ヴィンテージ)。今宵飲んでいるトリニダード・ラムは、その名のとおりトリニダード・トバゴで作られたもの。香りは非常に柔らかで飲み口も優しい。杏のような香りが鼻に抜けるときに感じられた。

 偶には、ゆったり酒を楽しむのもいい。今夜はまだまだ楽しめそうだ。


データ
造り手:CAREL ELLINCKHUYSEN(カーレル・エリンクハイセン)
銘 柄:Trinidad Rum Providence 1991(Cask No.1807)(トリニダード・ラム・プロヴィデンス)
価 格:6,000円

| | コメント (2) | トラックバック (0)