« Chateau Montelena Chardonnay 2008(シャトー・モンテリーナ・シャルドネ) | トップページ | CHÂTEAU COS D'ESTOURNEL 2007(シャトー・コス・デストゥルレヌ) »

2011/05/27

Vin de Liqueur A L'ARMAGNAC(ヴァン・ド・リクール・ア・ラルマニャック)

Dsc_0069


 今宵はアルマニャックのヴァン・ド・リクールで一献。


 今日関東は梅雨入りしたそうだ。じめじめとした嫌な季節に今年も入ってしまった。もう10年以上東京にいるが、じめじめとしたこの気候は何年経っても慣れない。

 さてこの時期になると濃い赤ワインはあまり飲みたくないもので、だいたい泡(プロセッコとかクレマン、アスティ)や、ロワールのソーヴィニヨン・ブラン、スペインのアルバリーニョ、ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデあたりをよく飲むのだが今宵は趣向を変えてヴァン・ド・リクールを上げてみることにした。

 さて聞きなれないヴァン・ド・リクールとはなんじゃらほいというと、簡単に言えばぶどうジュースにアルコールを添加した甘口のワインのことである。大雑把に言えばポートワインなどのフォーティファイド・ワインの一種に分類されるが、ポートワインの場合は発酵途中にアルコールを添加することによってアルコール発酵を止めて甘口にするのに対して、ヴァン・ド・リクールはぶどう果汁とコニャック、アルマニャック等をブレンドして作る(アルコール度数が高いのでそれ以上発酵することはない、その後樽で熟成させる)というところに大きな違いがある。ヴァン・ド・リクールはどちらかといえばカクテルを連想してもらえばいいだろう。

 ここのアルマニャックは絶品なのでかなり期待が高まる。それでは早速飲んでみよう。

 香りは少々ランシオ香があるもののりんごなどの甘い香りがメイン。口に含むと豊かな甘みとすっきりとした酸味。赤りんごをそのまま齧っているかのような味わい。アフターに少々強めの苦味を感じるがそれが舌の上を綺麗に洗い流してくれる。
 まったりと飲める素晴らしいワインだ。この手のワインのいいところはキャップの形状もあるが冷蔵庫に入れても持つので長く楽しめることにある。しばらくはナイトキャップのお供として愛飲することにしよう。しかも安い。 

データ
作り手:Chateau de Lacquy(シャトー・ド・ラキー)
銘 柄:Vin de Liqueur A L'ARMAGNAC(ヴァン・ド・リクール・ア・ラルマニャック)
格付け:AC
セパージュ:(バ・アルマニャック+グロ・マンサンのジュース)
価 格:3,000円位

ここのアルマニャックは非常にレベルが高いので好きな方は是非飲んでもらいたい。ワイン好きならはまるはずだと思う。

|

« Chateau Montelena Chardonnay 2008(シャトー・モンテリーナ・シャルドネ) | トップページ | CHÂTEAU COS D'ESTOURNEL 2007(シャトー・コス・デストゥルレヌ) »

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

ブランデー(コニャック、アルマニャック、マール、グラッパ、etc)」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

甘いお酒」カテゴリの記事

酒精強化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/51784209

この記事へのトラックバック一覧です: Vin de Liqueur A L'ARMAGNAC(ヴァン・ド・リクール・ア・ラルマニャック):

« Chateau Montelena Chardonnay 2008(シャトー・モンテリーナ・シャルドネ) | トップページ | CHÂTEAU COS D'ESTOURNEL 2007(シャトー・コス・デストゥルレヌ) »