« Chateau Pape Clement 2004(シャトー・パプ・クレマン)&Chateau Sociando Mallet 2004(シャトー・ソシアンド・マレ) | トップページ | Grace Rose 2009(グレイス・ロゼ) »

2010/03/05

Bandol Rouge Les Restanques de Pibarnon 2006(バンドール・ルージュ・レ・レスタンク・ド・ピバルノン)

Dscn1812


 最近南仏のワイン(プロヴァンス)を飲んでないなぁと思い、引っ張り出してきたのがっ今宵の一杯。

 最近飲んだフランスのワインといえば、ボルドーメインだったので、所謂南仏らしい赤ワインは全く口にしていなかった。飲んでいないなぁとちょっとしたきっかけで思い出すと、飲みたくなるもので部屋に戻っていの一番にセラーから引っ張り出してきた。このワインは、この作り手のセカンドワインになるが、思えばファーストも今くらいの値段になる前は割と口にしていた気がする。バンドールにはこのピバルノンの他に、ドメーヌ・タンピエという造り手もいるのだが、久々に気になって値段を調べてみたところ(ルージュ)6,000円~7,000円という価格になっていて驚いた。

 と思ったが…そもそも南仏の中では割りと高かったんじゃなかったか?そう言えば当時、上の二つやシャトー・シモーヌのパレットも南なのにこんなに高いの?こんなに出すならブルゴーニュ買うわ(ひどい偏見)。といっていた気もする。と言うわけで99年くらいに購入したカタログを見るに、ドメーヌ・タンピエが5,000円、シャトー・ド・ピバルノン(ファースト)が3,600円となっていた。


 さて久々のバンドールを早速頂いてみよう。
 香りは、プラムやカシスなどの黒い果実系の香りと、香ばしい焼いたトースト、マッシュルームや所謂少々土臭い香りがする。キノコ系や土の香りというと湿った暗いイメージにとられると思うのだが、例えるならば…突き抜けるような晴天の下、遠足とかをしていて、地面にねっころがった時に感じるようなお日様と土の香り。森とか林の中の湿った土の香りではなく、原っぱや夏の高原の様な土の香りをイメージしていただければと思う。いかにも一杯太陽を浴びたブドウで作られているのかなと。

 と、自分で書いてはみたものの香りの表現を文字に表すとか、上記の様な例だと、全く知らない人にとってはマニアックどころか気持ち悪いと思われがちではあるので、非常に苦慮するところであって、このBlogでもそうなのだが、同じ品種の2つのワインを飲み比べたときにカシスやブルーベリーの香りと書くと、ボルドーのカベルネだろうがブルゴーニュのピノだろうがカリフォルニアでも同じ「カシス」や「ブルーベリー」の香りがするのかと言うことになる。

 実際このBlogでの香りの表現に関しては自分でも稚拙と思っていて、もう少し表現の方法がないだろうかと考えているのだが、どうも上手くいかない。例えば、このBlogでブルゴーニュでもボルドーでも「カシス」という表現を使っているが、それらが同じ香りがするかと言えばそうではない(あくまで近似値)。前回の記事の同じボルドーワインでも異なる。そこで「熟した」とか「ジャムのような」とか形容してみてもいまいちしっくり来ない(というかそのものの香りを知らない人には伝わらない)。そもそも個人によって感じ方が異なるような物を一般化するのに無理があると思うのではあるのだが、このようなBlogででも垂れ流している以上はなんとなくでもいいので分かりやすいような表現はないものかと酔っ払いつつも模索していたりする(別にワインの販促じゃないからそこまで考える必要ないんだけど)。


 単純に(私は)このワインおいしいと思います!のほうが逆に説得力があるのかなぁとか思ってみたり。

 といろいろ書いていると何が楽しくてワイン飲んでいるの?という根本的なところに行き着くわけだが、結論としては難しいこと考えずに楽しく飲む。それでいいよねと。

データ
作り手  :Chateau de Pibarnon(シャトー・ド・ピバルノン)
銘 柄  :Bandol Rouge Les Restanques de Pibarnon 2006(バンドール・ルージュ・レ・レスタンク・ド・ピバルノン)
格付け  :AC Bandol
セパージュ:ムールヴェードル主体(90~95%), グルナッシュ, サンソー
価 格:2,500円

|

« Chateau Pape Clement 2004(シャトー・パプ・クレマン)&Chateau Sociando Mallet 2004(シャトー・ソシアンド・マレ) | トップページ | Grace Rose 2009(グレイス・ロゼ) »

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

南仏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/47727394

この記事へのトラックバック一覧です: Bandol Rouge Les Restanques de Pibarnon 2006(バンドール・ルージュ・レ・レスタンク・ド・ピバルノン):

« Chateau Pape Clement 2004(シャトー・パプ・クレマン)&Chateau Sociando Mallet 2004(シャトー・ソシアンド・マレ) | トップページ | Grace Rose 2009(グレイス・ロゼ) »