« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/23

CA'MARCANDA PROMIS 2006(カマルカンダ・プロミス)

Dscn1752








 さて今宵の一杯は再びイタリアワイン。トスカーナの赤ワインです。トスカーナと言えばサンジョベーゼですが、このワインはメルローが主体です。GAJAは基本的にハズレがないので安心です。

続きを読む "CA'MARCANDA PROMIS 2006(カマルカンダ・プロミス)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/20

Rubrato Campania Aglianico 2005(ルブラート・カンパーニャ・アリアニコ)

Dscn1732








 今宵の一杯はイタリアはカンパーニャ州から。先日久々のワイン会やったのですが、記事にするのは少々手間がかかるので後ほどにしておきまして、今日はこのワインの記事を書いておこうと思います。

続きを読む "Rubrato Campania Aglianico 2005(ルブラート・カンパーニャ・アリアニコ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

フランス冬の陣

Dscn1725







 恒例の冬のワイン会を行いました。今回は、チーム分けてブドウ品種のみの縛りで行いました。ブドウ品種は、シャルドネ、ピノ・ノワール、メルローです。メルローだけは単一セパージュになると厳しいのでメルロー主体であればOKというルールにしました。テイスティングはすべてブラインドで行い、最終的に品種ごとに優劣を付けるという方式です。

 大方の予想通りフランス一辺倒の上、ピノに至ってはありえないような被りっぷりになりました。


続きを読む "フランス冬の陣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

Clos Du Val Pinot Noir 2006(クロ・デュ・ヴァル)

Dscn1716







 カリフォルニアのピノです。週末久々にブルゴーニュのピノに裏切られましてwその腹いせと言っては何ですが、今宵はカリフォルニアのピノを開けております。やられたのはジャイエ・ジルのワインなのですが、まず香りがセメダインと胃薬を混ぜたような香りで、数日立っても消えない。味わいはと言うと突き刺すような酸味のみ。これでは料理にも使えないと言うことで、友達に一口無理やり飲ませ、後はシンクにさよならしたのでした・・・

さて、そこでカリフォルニアはカーネロスのクロ・デュ・ヴァル。何度か飲んでいますが、ここは外したためしがないので多分大丈夫でしょう・・・。

思えば行ってしまったワインの比率はフランスがぶっちぎりで高い気がするのは単純にフランスワインを多く飲んでいるからだと思いたい・・・その中でもピノが記憶に残っているのは結構高いワインが多かったからと言うこともあるのかなと思ってます。


 さて、気を取り直して。香りはカシスやブラックチェリーがメイン。そのほかには香木の様なスパイシーなニュアンスもあります。カリフォルニアワインに結構ありがちなバッチリ効いた樽香は殆どなく、軽く感じる程度です。味わいは、程よい凝縮感があって、酸味も柔らかくいい感じです。ただしまだ若いのでタンニンはなじみきっていないと言う感じです。今でも十分楽しめるような出来栄えですが、もう数年熟成させればもっと良くなりそうです。


 今日は久々にチーズをツマミに飲んでます。ラングルというシャンパーニュ地方のウォッシュタイプ・チーズです。ウォッシュタイプのチーズなので慣れない人にとっては香りが気になるかと思いますが、ウォッシュタイプの中ではまだとっつきやすい方かなぁと思います(気になる方は外のしわしわの皮をとった方がいい)。ちょうどいい熟成感でピノともよく合いました。あまりにも熟成が行き過ぎると味のバランスが崩れると個人的には思ってたりします。

 今、時分のBlogをみて気づいたのですが、今年の一月にClos Du Valのクラシック・ピノ・ノワールと一緒に、同じくシャンパーニュ地方のブーション・ダルマンス・フェルミエを食べていた・・・全く同じパターンではないかw

データ
作り手  :Clos Du Val(クロ・デュ・ヴァル)
銘 柄  :Clos Du Val Pinot Noir 2006(クロ・デュ・ヴァル)
格付け  :AVA Carneros
セパージュ:ピノ・ノワール 100%
価 格:-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

Chateau Doisy Vedrines 1989(シャトー・ドワジ・ヴェドリーヌ)

Dscn1712







 久々のソーテルヌをば。土曜日にワインを買いに行ったところ、そこの店員さんに2000以前のボルドーを特価で出してるんですが、リストを見ていきませんか?ということでついつい買ってしまったワイン。値引きとしては大体50%以上だったのと、1989というヴィンテージに負けてしまってついつい買ってしまいましたw

 ソーテルヌといえば、以前から何度も書いているように、一番記憶に残っているものは、ディケムでもリューセックでもなく7年くらい前に飲んだシュデュイロー 1983年なのですが、そいつを越えることが出来るか???という期待もこめて開けています。

 さて、シャトー・ドワジ・ヴェドリーヌ、飲むのは初めてです。以前ドワジー・ダエヌという似た名前のソーテルヌを開けたことがありちょっと調べてみると、元々同じ畑だったと言うことが分かりました。

 さてさて早速飲んでみます。香り・・・やばい久々に香りで鳥肌立ったw蜂蜜や、フルーツのシロップ、アプリコット、パイナップル等の甘い香りが爆発。スパイスの様なニュアンスもあります。味わいはとろけるほど甘いそして濃い。これが20年前のわいんかと思えるほど味がしっかりしています。んで、アフターにしっかり酸味がある。この酸味が最高。いい年だったのと、いい熟成をしたんだなぁといった感じです。うまし!知り合いと三人でこれを開けたのですが、3人とも無言になってしまいました。

 写真を見ていただければ分かりますが、ラベルを貼りなおしてます。んで、リコルクされてました。おかげでコルクを抜くのにも難儀しなかったです。

データ
作り手:Chateau Doisy Vedrines(シャトー・ドワジ・ヴェドリーヌ)
銘 柄:Chateau Doisy Vedrines 1989(シャトー・ドワジー・ヴェドリーヌ)
格付け:AC Sauternus(ソーテルヌ)
セパージュ:?(セミヨン主体・ソーヴィニヨン・ブラン)
価 格:9,800円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

Sparkling Chardonnay vintage 2008(スパークリング・シャルドネ)

Dscn1709







 ここ最近は週末になると鍋をやっていることが多く、白ワインの消費も結構行ってたのですが、それ以上に赤ワインも飲んでいました。濃い赤ワインがおいしく飲める季節になってきました。東京も夜は結構寒くなってきて、ワイン以外にもあったかいカクテルや、熱燗なんかもいい感じです。


 さて、今宵は久々の日本のワインです。京都のワイナリーのワインですが、このワインは播磨産のシャルドネと言うことです。普段結構日本のワインも飲んでいるのですが、大体は山梨、長野、山形、北海道と言った感じで、京都のワインは初めてです。日本酒だと結構西のお酒は口にするのですが・・・。

 それでは早速飲んでみましょう。香りは柑橘系フルーツの皮・・・柚子とかカボスの様な感じです。海外のスパークリングワインの香りからする「柑橘系」のニュアンスとはちょっと違うかなと。後は爽やかで少々青っぽいハーブの香り、あと酵母の香りも割りと強めで(時間が経てば消える)、ミネラル香も感じられます。口に含むと非常に溌剌とした元気な酸味がまず一発目。その後に軽い甘みを感じ、アフターに少々強めの苦味が舌の上を洗い流していきます。泡の感じからすると、プロセッコとかの感じに近いかなと。非常にスッキリと纏まっているワインかと思います。夏に合いそうなワインです。

データ
作り手:丹波ワイン
銘 柄:Sparkling Chardonnay vintage 2008(スパークリング・シャルドネ)
格付け:-
セパージュ:シャルドネ 100%
価 格:1,800円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »