« Deep Blue Spatlese Torocken 2007(ディープ・ブルー・シュペトレーゼ・トロッケン) | トップページ | Cuvee Louise Rose 1995(キュヴェ・ルイーズ・ロゼ) »

2009/11/07

Gevrey Chambertin Cuvee de l'Abeille 2001(ジュヴレ・シャンベルタン・キュヴェ・デ・レベイユ)

Dscn1666







 今宵はブルゴーニュの赤ワインを。ドメーヌ・ポンソです。非常に名の知れているドメーヌですが、いかんせん私はハズレばかり引いてあまり印象の良くない造り手です・・・結構本数飲んでるんですが、どうもこうもあたりを引かない。自分で買ったものに関しても、飲ませてもらったものに関してもです。相性が悪いとしか言いようが無いw万札叩いて泥水のようなピノ・ノワール(すいません)とか開けた瞬間絶望の限り・・・

 それでもいいのに当たった人に聞くと本当に素晴らしいワインということなので、機会を見ては買っているのですが、今日はどうなることか・・・

 香りはチェリー、プラム、スミレ花、甘いヴァニラのニュアンス、少々香ばしい香木等。香りのではいい感じです。味わいは、正直線が細い。軽く甘みを感じられるものの、アフターの酸味とタンニンが正直口の中に残るのが微妙な感じです。香りが悪くないだけにもったいない・・・やっぱりポンソとの相性が悪いのかorz...
 ちなみに泥水と言ったのは、グラン・クリュのグリオット・シャンベルタンです。それに比べればと言うのもありますが。

 先週、封切になったサイドウェイズを見に行きました。原版は数年前に見ていて、その日本人キャストリメイク版ですが、主人公がすきなのがピノ・ノワールでした。原作の主人公はシュヴァル・ブランとは対照的。ヒロイン(鈴木京香)はカベルネ好き(蛙のワイナリーに勤めている)という感じでした。原版見てなくても面白いのでお勧めしておきます。


データ
作り手  :Domaine Ponsot(ドメーヌ・ポンソ)
銘 柄  :Gevrey Chambertin Cuvee de l'Abeille 2001(ジュヴレ・シャンベルタン・キュヴェ・デ・レベイユ)
格付け  :AC Gevrey Chambertin
セパージュ:ピノ・ノワール 100%
価 格:4,300円

|

« Deep Blue Spatlese Torocken 2007(ディープ・ブルー・シュペトレーゼ・トロッケン) | トップページ | Cuvee Louise Rose 1995(キュヴェ・ルイーズ・ロゼ) »

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/46700934

この記事へのトラックバック一覧です: Gevrey Chambertin Cuvee de l'Abeille 2001(ジュヴレ・シャンベルタン・キュヴェ・デ・レベイユ):

« Deep Blue Spatlese Torocken 2007(ディープ・ブルー・シュペトレーゼ・トロッケン) | トップページ | Cuvee Louise Rose 1995(キュヴェ・ルイーズ・ロゼ) »