« シャルドネとピノ | トップページ | Gevrey Chambertin 2007(ジュヴレ・シャンベルタン) »

2009/09/13

純米吟醸 いなたひめ 強力 ひやおろし

Dscn1629







 さて、昨日の流れとはうってかわって日本酒です。ここ最近は土曜日ワインで日曜日は和食&日本酒といったパターンが多いかもしれません。やっぱし米を食わないとね。
 今宵の一献は、秋ということでやはりひやおろしを。
 鳥取県の酒です。稲田姫って櫛名田比売(クシナダヒメ)のことですよね。ヤマタノオロチを退治した須佐之男命(スサノオノミコト)の嫁です。

 この日本酒は強力という米で作られているのですが、鳥取で作られていた米で、一次生産が途切れるも鳥取大学と地元農家、酒蔵の力で復活させたそうです。蔵元のHPに、この米で醸した酒は、「谷川の清流のように澄み渡り、食す肴はその流れに浮かぶように喉元を通り過ぎる」と書いてありました。一旦生産が途切れて、その後復活した米といえば亀の尾や雄町なんかがすぐに思いつくのですが、他にも結構あったりするのでしょうか?

 早速本日の酒を。キリッと冷やして冷で飲んでおります。華やかな吟醸香、香ばしい穀物の香りも。メロンというよりは梨系の香りですね。味わいは酸味が効いていて所謂キレが良い酒です。キレが良いですが薄っぺらい酒ではなく、しっかりとした味が感じられます。飲んだ後の引きもいい。旨いです。


 スーパーの特設コーナーにノドグロが売っていたので一匹買って、塩振って焼きました。脂がのっててこれがうまい!

データ
作 り 手:株式会社 稲田本店(鳥取県米子市)
銘  柄:純米吟醸 いなたひめ 強力 ひやおろし
米   :強力
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸  度:-
価  格:1,400円(四合)

|

« シャルドネとピノ | トップページ | Gevrey Chambertin 2007(ジュヴレ・シャンベルタン) »

日本」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/46200953

この記事へのトラックバック一覧です: 純米吟醸 いなたひめ 強力 ひやおろし:

« シャルドネとピノ | トップページ | Gevrey Chambertin 2007(ジュヴレ・シャンベルタン) »