« Gevrey Chambertin 2007(ジュヴレ・シャンベルタン) | トップページ | Clos Fourtet 1997(クロ・フルテ) »

2009/09/23

Francoise Bedel Doux(フランソワーズ・ベデル・ドゥー)

Dscn1637








 真昼間の更新です。昼間に飲むものといえばやはり・・・

シャンパーニュ

これしかないでしょう。いつもなら夜に「今宵は・・・」と始める当Blogですが、昼間に開ける理由がいろいろありまして、
 ・明日は始発で仕事にいく必要がある
  →遅くまで飲めない
 ・このシャンパーニュは甘口である
  →夜の飯時には合わない
 ・天気がそんなに悪くない
  →どんよりシャンパーニュは寝起きに限る(独断と偏見)

さて本日の一本はDoux(ドゥー:甘口)のシャンパーニュです。おさらいもかねて、シャンパーニュの甘辛度のランクを、と思いましたがその前に甘口-辛口はどのようにして決められるかを書いておきます。

 シャンパーニュは製造の最終工程でリキュールを加えます。そのリキュールを加える工程をDosage(ドサージュ)と言い、そのリキュールのことを「門出のリキュール(liqueur d'expedition)」と言います。そのリキュールを足した結果の残糖分が甘辛表示の基準になるわけです。では、辛い順番から(手持ちの資料が古いのですが、大幅に変わっていないと思うので多分問題は無いはず。)

---------残糖分 0g/l~3g/l---------------------
1.1 Brut Nature(ブリュット・ナチュール)
1.2 Brut Zero(ブリュット・ゼロ)
1.3 Ultra Brut(ウルトラ・ブリュット)
1.4 Brut Sauvage(ブリュット・ソヴァージュ)
---------残糖分 0g/l~6g/l---------------------
2.  Extra Brut(エクストラ・ブリュット)
---------残糖分 0g/l~15g/l--------------------
3.  Brut(ブリュット)
---------残糖分 12g/l~17g/l-------------------
4.  Extra Sec(エクストラ・セック)
---------残糖分 17g/l~35g/l-------------------
5.  Sec(セック)
---------残糖分 33g/l~50g/l-------------------
6.  Demi Sec(ドゥミ・セック)
---------残糖分 50g/l以上----------------------
7.  Doux(ドゥー)


 普段店で見かけるのはBrutが圧倒的だと思います。Brutでも残糖分には幅があるので、味はそのメゾンによりけりです。全くドサージュをしない場合でもBrut表記でいけますので、どうしても主張したい意外は1.1~1.5の表記はしてない場合のほうが多いかもしれません。

 さて、今回のシャンパーニュは残糖分が65g/lということなので、Doux(ドゥー)になります。手に入りやすい甘口のシャンパーニュですと、ロデレールのカルト・ブランシュ、モエのネクタール、ヴーヴ・クリコのホワイトラベルがDemi Sec。テタンジェのノクターンがSecで、Doux自体を飲むのが初めてです。ここは所謂RMで「自然派」と呼ばれる造り手です(エコセールの認証を取っている。)個人的にはRMだろうが自然派だろうが飲んで美味しければ何でもいいというスタンスなので、その辺には深くは触れません。


 それでは、早速飲んでみましょう。
 香りは、蜂蜜、オレンジピール、黄桃のあまーい香りがまず漂います。んで、少々ランシオ強め。ここ最近ランシオの効いているシャンパーニュはあまり飲んでいなかったので、かなり好印象。香りから甘さが伝わってきます。ロデレールのカルト・ブランシュの香りはバターでいためた焼きリンゴ的な香ばしい感じですが、こちらのほうは果物のシロップ漬けといったニュアンス。んで味わいですが・・・まずは優しく繊細な泡が口内に広がると同時に、上品な甘さが感じられます。甘い!これ本当にシャンパーニュ?と思えるほど甘いです。甘いのですがべっとりとした甘さではありません。その理由はしっかりと酸味が効いているからでしょう。アフターに感じる酸がとてもいい。甘くて酸が効いているワインといえば、ドイツのリースリングなんかが筆頭ですが、若いドイツリースリングの「刺す」ようなフレッシュな酸味ではなく、マイルドだが、ただしっかり自己主張しておくという感じの酸味かなと。


 美味しいデザートが食べたい。イチジクのタルトとか・・・


 甘くて、美味しくて、心がホッとするシャンパーニュです。気軽にこういうワインが飲めればいいんですけどね。値段考えるとロデレールのカルト・ブランシュに一本ですが、ランシオと酸味が良いこのシャンパーニュも捨てがたいものがあります。

 甘いワイン最高!


データ
作り手:Francoise Bedel(フランソワーズ・ベデル)
銘 柄:Francoise Bedel Doux(フランソワーズ・ベデル・ドゥー)
格付け:Champagune
セパージュ:ピノ・ノワール 34%, ピノ・ムニエ 33%, シャルドネ 33%
価 格:8,900円

|

« Gevrey Chambertin 2007(ジュヴレ・シャンベルタン) | トップページ | Clos Fourtet 1997(クロ・フルテ) »

シャンパーニュ」カテゴリの記事

スパークリングワイン」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/46289294

この記事へのトラックバック一覧です: Francoise Bedel Doux(フランソワーズ・ベデル・ドゥー):

« Gevrey Chambertin 2007(ジュヴレ・シャンベルタン) | トップページ | Clos Fourtet 1997(クロ・フルテ) »