« Francoise Bedel Doux(フランソワーズ・ベデル・ドゥー) | トップページ | Der Neue 2009(デア・ノイエ) »

2009/09/30

Clos Fourtet 1997(クロ・フルテ)

Dscn1647








 今宵は、サンテミリオンのワインを。クロ・フルテというワインです。ボルドーワインは普段はあまり飲まないのですが、ちょうど良い飲み頃の物を見つけてしまうとついつい買ってしまいます。値段は忘れてしまいましたが、このワインもそんな一本です。

 昨日あるBarで今年飲んだメルローで一番旨かったのは、今のところCh Pavie 2002という話をしていて、そういや家に97のクロ・フルテが寝てた(゚∀゚)!!というのを思い出しました。今日は、朝っぱらからこれを飲もう!と心に誓って仕事をやっておりました。

 長らくうちで寝ていたので、死んでいなければいいけれど・・・


 さてそれでは早速飲んでみますか。
 色は流石に12年経っているということで、柘榴のような色合い。真朱より猩々緋の方が近いか。香りは、カシス、ブルーベリー、過熟したイチゴの甘い果実の香りと、コーヒーの様な香ばしいニュアンス、他にタバコの葉や少々獣臭も。しばらく放置していたら黒糖の様な香りもでてきました。口に含むとまず非常に優しいシルクの様な口当たりと、控えめな酸味が感じられ、柔らかいがしっかりと果実味があり、タンニンもいい感じで溶け込んでいます。
 サンテミリオンのワインは何故こんなにも柔らかいのだろう?他の地域・国のメルローではこういう風にはならないんですよね。このワインのアルコール度数は12.7%なんですが、久々に赤ワインで12%台のワインを飲みました。ここ最近は温暖化の影響かそれとも造り手の方針か、13%、14%のワインが多くなっていますが、このくらいの度数帯のほうが飲みやすいですね。

 やっぱり熟成はいったボルドーワインは美味い。ブルゴーニュももちろん美味しいのですが、年数経ったワインに関してはボルドーの方が安定感があって安心です。ブルゴーニュは古ければ古いほど(同ヴィンテージのボルドーと比較して)博打度がUPすると思います(個人的経験上)。


 サンテミリオンといえば、地域ごと世界遺産になっていることで有名です(もちろんブドウ畑も含まれる)。死ぬまでに一度行ってみたい場所のひとつですね。

データ
作り手  :Clos Fourtet(クロ・フルテ)
銘 柄  :Clos Fourtet 1997(クロ・フルテ)
格付け  :AC Saint-Emilion Grand Cru(1er Grand Cru Classe)
セパージュ:メルロー 72%, カベルネ・フラン 22%, カベルネ・ソーヴィニヨン 6%
価 格:-

|

« Francoise Bedel Doux(フランソワーズ・ベデル・ドゥー) | トップページ | Der Neue 2009(デア・ノイエ) »

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/46357401

この記事へのトラックバック一覧です: Clos Fourtet 1997(クロ・フルテ):

« Francoise Bedel Doux(フランソワーズ・ベデル・ドゥー) | トップページ | Der Neue 2009(デア・ノイエ) »