« France vs New world 2009 summer | トップページ | Solty Dog(ソルティー・ドッグ)日本バージョン »

2009/08/09

BRUNELLO DI MONTALCINO RENNINA 2001(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・レッニーナ)

Dscn1576






 ワイン会以降色々飲んできて、とり貯めたネタは結構あるのですが…いつも通り酔いに任せて更新しておりませんでした。というわけで8月一発目の記事はこの暑い夏に全く似つかわしくない赤ワインです。そういやこんなワインも持ってたな…というノリで開けています。イタリアワイン自体が本当に久しぶりなのですが、そんなイタリアワインの中でも本当に飲む機会のない(買う機会のない)ブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。このワイン自体はトスカーナのDOCGでメジャーな赤ワインなのですが、同じトスカーナ州のDOCGキャンティと比較すると値段が高い。キャンティーのエントリーを1,500円だとすれば、ブルネッロのエントリーは5,000円です。とてもじゃないけど気軽に手の出るワインではないですね。


いつものようにモンタルチーノ村の場所は↓




大きな地図で見る


 さて…PIEVE SANTA RESTITUTA(ピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータ)という噛みそうな名前の造り手ですが…ここはGAJA(ガイア)がブルネッロを造るために1994年に設立したワイナリーです。GAJAはここブルネッロのほかに、ボルゲリ地区のカマルカンダに畑を持ってます。
 あー何年ぶりのブルネッロだろう?5-6年は飲んでないような気もします。たぶんポッジョ・ディ・ソットのブルネッロ以来です。

 では早速…チェリーやカシス、ラズベリーなのど果実の香りと、香木、スパイス、タバコの葉の香り等…香りは柔らかく上品です。香りだけでいいワインと認識できる典型的な例かもしれません。口に含むとアタックはシルクのように柔らかく滑らかで、酸味は穏やか、凝縮された果実味とこなれてきているタンニンがいい感じで調和しています。んで余韻が長い。アルコール度数は14%と高いのですが、それを感じさせないくらい柔らかく滑らかです。流石GAJAと言うべきか…旨い!

 いいワインを飲んだので、明日からまた仕事頑張れるかな?…

データ
作り手  :PIEVE SANTA RESTITUTA(ピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータ:GAJA)
銘 柄  :BRUNELLO DI MONTALCINO RENNINA 2001(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・レッニーナ)
格付け  :DOCG BRUNELLO DI MONTALCINO
セパージュ:ブルネッロ 100%
価 格:13,000円

|

« France vs New world 2009 summer | トップページ | Solty Dog(ソルティー・ドッグ)日本バージョン »

イタリアワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/45881626

この記事へのトラックバック一覧です: BRUNELLO DI MONTALCINO RENNINA 2001(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・レッニーナ):

« France vs New world 2009 summer | トップページ | Solty Dog(ソルティー・ドッグ)日本バージョン »