« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/24

Mojito Frozen Style(モヒート・フローズン・スタイル)

Dscn1521











 ジメジメした梅雨時にスカッと。炎天下の夏にグイっと。どちらにしても気持ちよく飲める夏のカクテルがモヒートです。このBlogでも毎年夏になると載せてますが、今回は少々趣向を変えてフローズンスタイルにしてみました。ここ最近の流れで、飲むというよりは、食べるカクテルというのをテーマにやっているというのと、いつもと少々違うスタイルで飲んでみたかったのもあります。

 というわけでモヒートのフローズンスタイルです。いつもならライムを搾り、ミントをちぎってグラスの中で潰し、パウダーシュガーを溶かした後、クラッシュドアイスをグラスいっぱいにつめ、ラムを注ぎいれるという感じで作っていますが、今回はあえて全部混ぜて見ました。本当は、カクテルグラスにこんもり盛ってしまおうかと思いましたが、それだと量が少ないので、多めに作ってロックグラスに突っ込んでいます。フローズンの場合だと、アルコール感が弱くなるので結構多めにラムを入れたのですが、思えば普段作るモヒートより少なかったかも…(普段のモヒートは量を計らずに、グラス一杯に突っ込んでいるため)

 これはこれでいい感じですが、当初の予定通りカクテルグラスに盛った方が良かったと思いました。というのも、フローズンゆえすぐ溶ける上に(使っているミキサーの問題もある)、溶けた後飲み込むと砕けたミントが喉に当たるので…時間を掛けずに少量を楽しむようなスタイルであればOKかと。

 やっぱりカクテルは難しいですね。試行錯誤して作るのもまた楽しいんですがw


データ
カクテル名:Mojito Frozen Style(モヒート・フローズン・スタイル)
材   料:ラム 90ml, ライムジュース 20ml, パウダーシュガー 2tsp, ライムの皮 1/4,ミントの葉 適量, クラッシュドアイス 適量
作 り 方:材料をブレンダー(ミキサー)に入れて攪拌する。氷は状態を見ながら少しずつ足すとうまくいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

果物カクテル2種

Dscn1516Dscn1520










 昨日の続きで、季節のフルーツカクテル2種類です。日本の果物で挑戦してみたかったのでこの二種類をチョイス。さくらんぼ、枇杷どちらとも香りに特徴がない(香りが少ない)のが共通点…というわけで補助で突っ込むリキュールが多分肝になるというか、手持ちのリキュールが少ないというのあり、かなり難儀しました。

 まずはさくらんぼのカクテル。色をあまりつけたくなかったのでアルコール分はウォッカで、香り付けにブランデーと西瓜リキュールを突っ込んでます。香りはブランデーが利いていて良い感じ。甘酸っぱいカクテルに仕上がりました。リキュールは再考の余地があるなぁ。少々問題があるとすれば、さくらんぼは酸化するのが早く、茶色くなってしまうのでレモンを少々突っ込んだほうが良いかもしれません。

 お次は枇杷。色は昨日作ったマンゴーに近いものがあります。これもウォッカベースにしようかと思いましたが、香りに変化がないので、ホワイトラムにして、香りの補助にホワイトキュラソーを使いました。枇杷の甘みとラムの香りがマッチしていい感じに仕上がりました。これはそのままではなく、ソーダアップにしてもありかなぁと思います。

 あと挑戦するとすれば桃とメロンあたりかな?さくらんぼにあうリキュールってなにかないかなぁ…ブランデー使わずにグリオッティンも考えたのですが、さくらんぼとさくらんぼの組み合わせなので面白くないかなと思い使いませんでした。


データ1
カクテル名:さくらんぼのスムースカクテル(名無し)
材   料:ウォッカ 45ml, ブランデー 10ml, 西瓜リキュール 5ml,さくらんぼ 10個, クラッシュドアイス 適量
作 り 方:さくらんぼの種を取り、ウォッカ、ブランデー、西瓜リキュール、クラッシュドアイスとともにブレンダー(ミキサー)に入れて攪拌し、小さい氷を入れたグラスに注ぐ。

カクテル名:枇杷のスムースカクテル(名無し)
材   料:ホワイトラム 45ml, ホワイトキュラソー 15ml, 枇杷 3個, クラッシュドアイス 適量
作 り 方:枇杷を適当な大きさに切り、ラム、ホワイトキュラソー、クラッシュドアイスとともにブレンダー(ミキサー)に入れて攪拌し、小さい氷を入れたグラスに注ぐ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

マンゴーのスムースカクテル(名無し)

Dscn1512











 関東も梅雨入りし、蒸し暑くジメジメとした日が続いています。暖かくなってくると同時にスーパーの果物売り場が一気ににぎやかになってきました。枇杷、白桃、プラム、マンゴー、メロン、西瓜、さくらんぼ…色鮮やかで、見てるだけで元気になってきます。

 んで今回は、デザート代わりにマンゴーを使ったカクテルを作ってみました。小さめのミキサーがあれば作れますので(カクテル専用のごっついブレンダーでなくてもOK)、結構簡単です。

 口当たりがトロっとしていて、マンゴーとラムの良い香りがなんともたまりません。最初はスプーンで掬いつつ…ちょびちょびといただいても良いかと思います。
このカクテルはマンゴーのほか、桃、洋ナシ、巨峰等々いろんなバリエーションが楽しめるので、色々試してみようと思っています。

データ
カクテル名:マンゴーのスムースカクテル(名無し)
材   料:ホワイトラム 45ml, パッションフルーツリキュール 15ml, マンゴー 1個(マンゴーのサイズにより1/2個。今回は台湾産のアップルマンゴーを使用), クラッシュドアイス 適量
作 り 方:マンゴーを賽の目に切り、ラム、パッションフルーツリキュール(今回はパッソアを使用)、クラッシュドアイスとともにブレンダー(ミキサー)に入れて攪拌し、小さい氷を入れたグラスに注ぐ。

ポイント:
 このカクテルの肝は、「果物を食べる」ことにあるので、氷を入れすぎないこと(フローズンスタイルではない)。
 マンゴーは一定の大きさではなく、大きさがバラバラのほうが、ブレンダーで混ぜても、マンゴーの形が残るので食感が楽しめる。あとマンゴーはケチらないで多めに使いましょうw

 お酒として楽しみたい方はラムを45ml、果物メインに楽しみたい方はラムを30mlにすればいいと思います。

また、ラムではなく、テキーラやウォッカでもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋鹿 純米吟醸生酒

Dscn1509









 今宵の一献は、大阪北摂の日本酒を…。

 大阪の地酒というと、呉春(ごしゅん)、浪速正宗、秋鹿あたりの有名どころしか知りません…ほかにお勧めの蔵があれば是非教えていただけると嬉しいなと。兵庫や京都の地酒は大きいところから小さいところまで割りと目にするのですが、大阪の地酒はなかなか飲む機会がない。というわけで、久々に大阪の地酒を開けているわけです。


 それでは早速…香りは所謂穀物(米)の香りがメイン。懐かしいというか、日本人なら一度は嗅いだことのある香りだと思います。味わいは素晴らしい酸味と、米の甘みが凝縮された味わい。酸味とアフターの苦味がバシッと利いているので、ベタベタした感じは全くありません。

 旨いです。


データ
作 り 手:秋鹿酒造有限会社(大阪府豊能郡能勢町)
銘  柄:秋鹿 純米吟醸生酒 能勢山田錦
米   :山田錦 100%
精米歩合:60%
日本酒度:+4
酸  度:1.7~1.9
価  格:1,450円(四合)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

Grand Cru Sillery Brut Integral(グラン・クリュ・シルリー・ブリュット・インテグラル)

Dscn1503









 シャンパーニュはいつ飲むか?誕生日、結婚式、何かしらの記念日、クリスマスのディナー?何かしらイベントが無いと開けることすらないシャンパーニュ。シャンパーニュが特別なものというか、日本で有名なキュヴェ・ドン・ペリニヨンのイメージが大きく、なにか特別なものというイメージが付いて回っているように思える(あとはラッパ飲みするホストクラブとかね…)。
 なんとも勿体無いなぁと。確かに少々値は張るが、一部の超有名シャンパーニュを除けば決して変えない値段ではないし、ブルゴーニュやボルドーの一流どころを買うよりずっと安い。しかも合わせる料理は基本的に問わないと来ている。コースの頭からデザートまで一本でまかなえるワインは、シャンパーニュの他ないくらい。
 まぁうだうだ書きましたが、要するにシャンパーニュ美味しいから皆飲もうぜ!ということですw

 んで、今宵はシルリーのシャンパーニュを飲んでおります。
詳しい説明はインポーターのページを見ていただくとして…早速飲んでみましょう。

いつものように、シルリー村はここ↓ランス市の南東すぐって感じです。




大きな地図で見る

 香りは、グレープフルーツなどの柑橘系果物の香り、赤リンゴ、バター、蜂蜜の甘い香り、ミネラル香等、ランシオは少なめです。口に含むとまずは繊細な泡、んでフレッシュな酸味…うーんこの酸ののり方は個人的に好みです。んで酸と果実味のバランスが素晴らしい。何も考えずに単純に旨いといえるシャンパーニュです。


 外は雨が降ってきました、雨だれの音を聞きながら、シャンパーニュを飲むのもいいです。


データ
作り手:Domaine Francois Seconde(ドメーヌ・フランソワ・スコンデ)
銘 柄:Grand Cru Sillery Brut Integral(グラン・クリュ・シルリー・ブリュット・インテグラル)
格付け:Champagune
セパージュ:ピノ・ノワール 90%, シャルドネ 10%
価 格:3,300円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/12

HOJYO WINE 砂丘 1997(ホージョー・ワイン)

Dscn1498











 なんともスッキリしない天気…今日は久々に晴れましたがここ最近は梅雨に入ったかのような天気が続いていました。というわけで日々飲んでいたのもワインよりかは、ハイボールのほうが断然多かった感じです。

 さて今宵は鳥取県のワインを飲んでいます。今日は、日本の白ワインを飲もうと思って(山梨・長野以外)物色していたときに見つけたのがこれ。まずラベルに惹かれました。ラベルのデザインが質実剛健。飾り気なし!そして次にヴィンテージ…1997?別に海外のワインでは珍しいことではないのですが、日本の辛口白ワインで12年前の物はなかなか見かけません。というわけで早速買って、早速開けています。

いつものように北条ワイン醸造所の場所は↓




大きな地図で見る

 さて早速飲んでみますか。
 香りは、グレープフルーツや、ミネラル香、タイムのようなハーブの香り、スモーキーな燻したようなニュアンス。と少々甘いキャンディ香(自信がない…)。12年前とは思えないほどのフレッシュな酸味と、思いのほかしっかり感じる果実味、アフターに少々自己主張のある苦味を感じます。アフターにきっちり味わいのあるワインです。ただ、タンニンがちょっと突出してるかなぁ。一瞬アルザスのピノ・グリかと思ってしまいました。流石に12年経っているだけあって、舌触りはトロリとした感じです。

 摘みは、今の時期では厳しいですが、水炊きとかに合いそう。あとは鱚の天ぷらとか…、パスタならトマトソースとかではなく、オリーブオイル・ニンニク・パセリでソースを作って合わせても良いかもしれません。あと手羽先にハーブと塩まぶして、オーブントースターで焼いたり。

====
追記
====
抜栓2日後、樽香が一気に開く。ミネラル香は影を潜め、蜜やブリオッシュのような甘い香りが前面に。
ここまで持つとは思いませんでした。変化も楽しめていいですねこのワイン。美味しいです。

データ
作り手:北条ワイン醸造所
銘 柄:HOJYO WINE 砂丘 1997(ホージョー・ワイン)
格付け:-
セパージュ:シャルドネ,甲州の混醸(鳥取県北条砂丘産)
価 格:2,300円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »