« サン・スフル シードル 2008 | トップページ | California Pinot Noir "Isabelle" 2006(カリフォルニア・ピノ・ノワール"イザベル") »

2009/04/26

Brauneberger Juffer Riesling Kabinett 2005(ブラウネベルガー・ユッファー・リースリング・カビネット)

Dscn1438










 今宵もドイツワインで一献。
 土曜日とうって変わって今日は天気もよく、すごしやすい気候でした。暑くもなく寒くもなく。前回は「フリッツ・ハーク」だったのですが、今回はフリッツ・ハークつながりのワインです。つながりというのは何かといえば、今回開けている「SCHLOSS LIESER(シュロス・リーザー)」はトーマス・ハークという方がやっているワイナリーになります。名前で想像がつくと思いますが、フリッツ・ハークと何かしら関係があるということです。(実際はフリッツ・ハークをもっているヴィルヘルム・ハーク氏の長男)。というわけで何かしらの共通点があるのか、はたまた、全く違うものを作っているのかかなり興味をそそられるというものです。

いつものようにGoole先生の地図を張っときます。
↓ブラウネベルグ ここから近い名醸地は東にベンカステル(医者の畑)、北東にヴェーレン(日時計の畑)、西にピースポート(黄金の雫の畑)というところですね。




大きな地図で見る


 さて、飲む前に畑の話でもここブラウネベルク地区には今回飲んでいる、ユッファーという畑と、ユッファー・ゾンネンウーアーという有名な畑があります。ちなみに、ゾンネンウーアーは、東側のヴェーレンにある、ヴェーレナー・ゾンネンウーアー(ヴェーレン村の日時計)が有名です。ユッファーは「乙女」という意味なので(畑が尼僧修道院に属していたことに由来)、ユッファー・ゾンネンウーアーというのは「乙女の日時計」という意味になります。ちなみに「乙女の日時計」はターニッシュ、フリッツ・ハークともに畑を所有しているので、機会があれば飲んでみたいなと。

 少々脱線しましたが、早速「乙女」を飲んでみましょう。
 ライムの様な柑橘系果実の香りと、ミネラル香、弱いですがスモーキーな香り(燻したような)感じです。石油香は殆ど感じません。口に含むと、舌の上にピチピチと感じるほどのフレッシュな酸味と、これがカビネットかと思えるくらい凝縮された果実味、上品な甘みが舌の上に広がり、アフターにそれらを綺麗に流していく苦味が…そして、飲んだ後の余韻が長い。非常にレベルの高いリースリングだと思います。

このワインは今飲んでもフレッシュな感じを楽しめますが、あと10年熟成したらどうなるのか…10年後に飲んでみたいワインです。

 前々から書いていますが、ドイツリースリングの魅力は、ただ甘いだけではなく、しっかりとした酸味があること。酸味と甘みの奇跡的に思えるほどのバランスこそがドイツリースリングの真骨頂であり、ほかの国では決して真似できない部分だと思っています。


データ
作り手:SCHLOSS LIESER(シュロス・リーザー)
銘 柄:Brauneberger Juffer Riesling Kabinett 2005(ブラウネベルガー・ユッファー・リースリング・カビネット)
格付け:QmP Kabinett
セパージュ:リースリング 100%
価 格:3,000円

|

« サン・スフル シードル 2008 | トップページ | California Pinot Noir "Isabelle" 2006(カリフォルニア・ピノ・ノワール"イザベル") »

ドイツ」カテゴリの記事

ドイツワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/44804280

この記事へのトラックバック一覧です: Brauneberger Juffer Riesling Kabinett 2005(ブラウネベルガー・ユッファー・リースリング・カビネット):

« サン・スフル シードル 2008 | トップページ | California Pinot Noir "Isabelle" 2006(カリフォルニア・ピノ・ノワール"イザベル") »