« Chateau Talbot 1999(シャトー・タルボ) | トップページ | シードルとイタリアのロゼワイン »

2009/03/28

ドーヴネ再び。そしてコシュデュリのシャルドネ

Dscn1331Dscn1335










 シャルドネ封印と言っておきながら、そんなに凄いのならば飲んでみたいという話になり、再びドーヴネを開けています。加えて、ブルゴーニュのシャルドネ屈指の名手、コシュ・デュリも。
 今回開けているドーヴネのワインは、前回飲んだムルソーではなく、Auxey-Duresses(オークセイ・デュレス)です。場所的にいえばムルソーの北西にある人口350人ほどの小さな村です。下の地図を見ていただければわかりますが、南北を山に囲まれた小さな村といった感じ。お隣のムルソーのほうが町って感じがしますよね(ムルソーの人口は、1500人くらい)。ワインのほうはというと、ムルソーなどに比べればマイナーなAOCではありますが、日本でも手に入らないというわけではなく、たまにショップで見かけることもあります。

Auxey-Duressesの「Auxey」日本語の読みでは、オークセイ、オーセイ、オーセと何種類か読みがついているんですけど、どれが一番フランス語に近いんでしょうね。ちなみに私は、初めて読んだ本に「オークセイ」と書いてあったので、それで覚えてしまいましたが…。

↓オークセイ・デュレスの地図




大きな地図で見る

 まずは一本目、コシュ・デュリのブルゴーニュ・シャルドネ。ここのワインもエントリーが10,000円(AC ブルゴーニュ、アリゴテで6,000円位)で、フラグシップのコルトン・シャルルマーニュなんかは20万Overです。普通のブルゴーニュ・シャルドネはなどな1500円-2000円ということを考えると、ドンだけ高いの?というかただのブルゴーニュ・シャルドネにそんなにお金をかける価値があるの?と非常に疑問に思ってしまいますが、前回飲んだドーヴネの例がありますので、ここは頭を空っぽにして飲みたいところ。
 香り、ナッツ、アーモンド、グレープフルーツ、ミネラル香、アフターに少々ランシオ香。若い割にはランシオ香…正直コルクの状態から保存状態が微妙に怪しい感じだったので、これが本来の香りかどうかは、開けたときには分かりませんでしたが、時間が経つにつれてどんどんと変化して行き、すばらしいポテンシャルをもっているワインということが分かりました。一時間くらい経つと凍頂烏龍茶のような香りも。味わいは、少々突出ぎみの酸味を感じ、苦味とのバランスが取れていない感じがするのは、まだまだ開ける時期が早いからでしょう。果実味もしっかりしていて、あと5-10年後くらいにもう一度飲んでみたいワインです。多分このワイン、ブラインドで飲まされたら、ACブルゴーニュとは答えないと思います。本当に美味しいです。


二本目、ドーヴネのオークセイ・デュレスヴィンテージは前回のムルソー同様2003です。ムルソーの記憶がまだ新しいので、いいかんじで比較も出来るはず。畑の名前的な"格"から言えば、ムルソーより落ちるかも知れませんが、地理的にも近く、さらにドーヴネが造っているのでムルソー並みいや、それ以上でもあまり驚かないかも…という期待もこめつつ開けてみました。
 香りは、グレープフルーツや、ハーブ、アカシアの花、ミネラル香、時間が経つと少々スパイシーなニュアンスも。ジンジャーの様な香りもあります。やはり前回のムルソーの印象が強く残っていて、香りに関してはさすがにムルソーに一本とられた感じです。というより、開けてから暫く経っても開いてくる気配がないので、強制的にでキャンタージュをすました。すると、全く別のワインのように香りが一気に開いてきました。
 味わいは、甘みを感じるほど素晴らしい果実味と、優しい酸味、ほどほどの苦味がバランスよく調和しています。

 再びなんともいえない素晴らしいシャルドネを飲むことが出来ました。が、少々シャルドネに関しては不感症になりつつあって…それよりももう一度ムルソー飲むぞ!という声も聞こえてきてさぁ次はどうする?といった感じですw


すごーくいまさらですが、ドーヴネのラベルには「Mis en Bouteille au Domaine par Lalou Bize-Leroy S.C. du Domaine d'Auvenay ,Meursault ,France」ってマダム・ルロワの名前がきちんと入ってるんですね。

データ1
作り手:Domaine J.F.COCHE DURY(ドメーヌ・ジャン・フランソワ・コシュ・デュリ)
銘 柄:Bourgogne Chardonnay 2002(ブルゴーニュ・シャルドネ)
格付け:AC Bourgogne
セパージュ:シャルドネ 100%
価 格:11,500円

データ2
作り手:Domaine d'Auvenay(ドメーヌ・ドーヴネ)
銘 柄:Auxey-Duresses 2003(オークセイ・デュレス)
格付け:AC Auxey-Duresses
セパージュ:シャルドネ 100%
価 格:19,000円


|

« Chateau Talbot 1999(シャトー・タルボ) | トップページ | シードルとイタリアのロゼワイン »

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/44501584

この記事へのトラックバック一覧です: ドーヴネ再び。そしてコシュデュリのシャルドネ:

« Chateau Talbot 1999(シャトー・タルボ) | トップページ | シードルとイタリアのロゼワイン »