« Meursault "Les Narvaux" 2003(ムルソー・"レ・ナルヴォー") & Puligny Montrachet 1er Cru "Les Pucelles" 1994(ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ピュセル) | トップページ | Reymos Brut(レイモス・ブリュット) »

2009/03/23

ブルゴーニュとカリフォルニアとワイン好きと

Dscn1303Dscn1307Dscn1315Dscn1318Dscn1320














 4本も一気に開けたので、さすがに題名には書けませんが、ブルゴーニュワインとカリフォルニアワインを飲みました。先日開けたムルソーから一気に勢いづいた感がありまして、値段がどうこうじゃ無しに、うまいピノ・ノワール(もちろんブルゴーニュ)が飲みたい!(シャルドネは暫く封印)という流れで、普段からは考えられないほどのワインを開けました。ワイン好き5人で、4本。一本は急遽参戦したカベルネでした。
 結論から言えば、本当に素晴らしいワインたちで久々にブルゴーニュを堪能した感があります。脳みそが再び熱くなりました。

 
 まずはいつもどおり、地図をどうぞ。

モレ・サン・ドニ




大きな地図で見る


ヴォーヌ・ロマネ



大きな地図で見る

 ぐだぐだ書くよりも開けた順に一気に感想を。
 一本目のClos des Lambrays 2005モレ・サン・ドニにあるグラン・クリュ(特級畑)です。Domaine des Lambrays(ドメーヌ・ド・ランブレイ)というのワインそのままの名前の作り手なのですが、ここだけがこの畑を所有しているわけではなく、たった0.5haを別のドメーヌが所有しています。というわけで非常に惜しいがモノポールになれない畑です。若いということもあって、まずはこれから。
 香り、ラズベリー、ブルーベリー、カシス、リコリスなどの香り、時間が経ってからブリオッシュのニュアンスも。まずは果実味が濃い。フルーツ丸かじりをしたような感じです。タンニンが非常に優しく、滑らかで、酸味とのバランスも素晴らしい。最初は少々閉じ気味だったのですが、1時間くらいで香りが開いてきました。もちろん開けるのは早すぎで、10-20年後もう一度飲んでみたいワインです。
 
 二本目はClos de la Roche 1996(クロ・ド・ラ・ロッシュ)、作り手はこのワインで非常に定評のある「Domaine Philippe Vincent LECHENEAUT(ドメーヌ・フィリップ・ヴァンサン・レシュノー)」ここのモレ・サン・ドニが以前飲んだときに非常に好みだったので、かなり期待をしていました。
 香りは、カシス、オレンジピール、なめし皮、ブリオッシュ等、これぞモレ・サン・ドニのピノ・ノワール!これが飲みたかった!と香りだけである意味満足出来るくらい素晴らしい芳香。口に含むと優しいがしっかりと自己主張している酸味と、滑らかなタンニン、味のある果実味…バランスが素晴らしい。色は13年前とは思えないほどの濃さで2005のランブレイと変わらないくらい。やはりブルゴーニュのグラン・クリュは違う…

 三本目はミッシェル・グロのVosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas 1996(ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア)、これはミッシェル・グロのフラグシップワインと言える畑です(単独所有:モノポール)。ブルゴーニュワインでは、「XX Gros」といったドメーヌが何件かあり、どれがどのワインだったかこんがらかることがあります。そのうち追記でグロ家の系譜は書いておこうと思いますが、今回は割愛します。
 香り、獣臭がまず一発目、久々にこの香りを嗅いだ…それからオレンジピール、チェリー、カシス、少々スパイシーな香木、黒糖等、まだまだ香りのニュアンスはあるのですが、経験不足ゆえ全部書ききれません。味わい。酸味が素晴らしい、んでなんという柔らかい呑口…エレガントなワインです。まだまだ状態も元気で、あと10年は確実にもつと思います。もうこのころになると、鼻と脳みそがやられてきていました。

 ラスト、Ridge Cabernet Sauvignon Jimsomare 1993(リッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン・ジムソメア)このワインは最初別の日に開けようという話になっていましたが、勢いで開けました(笑)。もう正常な判断は出来なくなっていたと思います。またこれも素晴らしいワインでした。香りは煮詰めたジャムや少し爽やかなユーカリの香り、香木、墨、あとカシス、ラズベリー、コーヒーなど。味わいはさすがカリフォルニアのカベルネ(というかリッジのカベルネ)!と思える凝縮された果実味と豊かなタンニン。さすがに16年前のワインなので、口の中がギシギシ言うようなタンニンではなく酸味といい感じで混ざり合っています。


 とにかく素晴らしい夜でした。ワイン最高!

データ1
作り手  :Domaine des Lambrays(ドメーヌ・ド・ランブレイ)
銘 柄  :Clos des Lambrays 2005(クロ・デ・ランブレイ)
格付け  :AC Clos des Lambrays(クロ・デ・ランブレイ)
セパージュ:ピノ・ノワール 100%
価 格:19,000円

データ2
作り手  :Domaine Philippe Vincent LECHENEAUT(ドメーヌ・フィリップ・ヴァンサン・レシュノー)
銘 柄  :Clos de la Roche 1996(クロ・ド・ラ・ロッシュ)
格付け  :AC Clos de la Roche 1996(クロ・ド・ラ・ロッシュ)
セパージュ:ピノ・ノワール 100%
価 格:-

データ3
作り手  :Domaine Michel Gros(ドメーヌ・ミッシェル・グロ)
銘 柄  :Vosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas 1996(ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア)
格付け  :AC Vosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas(ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・レア)
セパージュ:ピノ・ノワール 100%
価 格:-

データ4
作り手  :Ridge Vinyards(リッジ・ヴィンヤーズ)
銘 柄  :Ridge Cabernet Sauvignon Jimsomare 1993(リッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン・ジムソメア)
格付け  :
セパージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
価 格:-

|

« Meursault "Les Narvaux" 2003(ムルソー・"レ・ナルヴォー") & Puligny Montrachet 1er Cru "Les Pucelles" 1994(ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ピュセル) | トップページ | Reymos Brut(レイモス・ブリュット) »

アメリカ」カテゴリの記事

ニューワールドのワイン」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/44448628

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュとカリフォルニアとワイン好きと:

« Meursault "Les Narvaux" 2003(ムルソー・"レ・ナルヴォー") & Puligny Montrachet 1er Cru "Les Pucelles" 1994(ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ピュセル) | トップページ | Reymos Brut(レイモス・ブリュット) »