« Clos du Val Classic Pinot Noir(クロ・デュ・ヴァル・クラシック・ピノ・ノワール)2006 | トップページ | 甲州 酵母の泡 »

2009/01/29

Maximin Grunhauser Abtsberg Riesling Kabinett 2004(マキシミン・グリュンホイザー・アプツベルグ・リースリング・カビネット)

Dscn1170










 さて。今宵の一杯はドイツワインの「Maximin Grunhauser Abtsberg Riesling Kabinett 2004(マキシミン・グリュンホイザー・アプツベルグ・リースリング・カビネット)」です。と、自分で書いていて、ドイツワインは、あいも変わらず名前が長すぎて名前が覚えるのが大変と再認識しました。このワインはモーゼルのMertesdorf(メテスドルフ)という地区にある非常に由緒ある作り手(10世紀から記録がある)のワインです。日本ではJ.Jプリュムや、Drターニッシュに比べると名は知られていませんが、すばらしい作り手のひとつです。
 ドイツワインは、私がワインを好きになる一個のきっかけでして、香り高く、甘みがあり、酸味がしっかりしている。非常に甘いデザートワインから、辛口のワインまでバリエーションがあるのも魅力。やっぱり甘いだけではなくしっかりとした酸味があるのがいいですよね。ドイツワインって。疲れたときによく飲むワインでもあります。


 さてと。青りんご、ミネラル香、石油香など。いわゆるドイツ、モーゼルのリースリングの香りです。口に含むと非常にフレッシュな酸味が口に広がります。発泡ワインではないですが下の上でピチピチする感じ。一応4年も前のワインなんですが元気一杯です。んで、上品な甘みとアフターに軽めの苦味を感じます。いいなぁ。個人的な好みだと、近くのピースポート地区のの黄金の雫(ピースポーター・ゴールドトロッフェン)よりも好みです。

 2000年以降はドイツワインのヴィンテージチャートも安定しているので、いいですね。10年後のこのワインも飲んでみたいですね。もう一本買っておこうかな。

データ
作り手:Von Schubert(フォン・シューベルト醸造所)
銘 柄:Maximin Grunhauser Abtsberg Riesling Kabinett 2004(マキシミン・グリュンホイザー・アプツベルグ・リースリング・カビネット)
格付け:QmP
セパージュ:リーシリング 100%
価 格:3,500円


|

« Clos du Val Classic Pinot Noir(クロ・デュ・ヴァル・クラシック・ピノ・ノワール)2006 | トップページ | 甲州 酵母の泡 »

ドイツ」カテゴリの記事

ドイツワイン」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/43897102

この記事へのトラックバック一覧です: Maximin Grunhauser Abtsberg Riesling Kabinett 2004(マキシミン・グリュンホイザー・アプツベルグ・リースリング・カビネット):

« Clos du Val Classic Pinot Noir(クロ・デュ・ヴァル・クラシック・ピノ・ノワール)2006 | トップページ | 甲州 酵母の泡 »