« 2008年7月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年8月

2008/08/18

Trinidad Rum Providence 1991(Cask No.1807)(トリニダード・ラム・プロヴィデンス)

Dscn1037








 「今日は何を飲もうか?」

 仕事が終わってまず頭の中に浮かぶ言葉はこれ。ついで「何を食べようか」が出てくる。大体の場合は、家にあるワインや日本酒などを頭の中から引っ張り出してきて、献立を考えつつ帰るのだけれども、いまいち良いコンビネーションが浮かんでこない。今日は久々に過ごしやすい気温で、久々に白ワインでも飲みながら・・・と思っていたのだがしっくりこないので、久々に夕飯は外食で済ませて飲む酒は部屋についてから考えることにした。
 ここ最近はスパイスドラム&ソーダハイボールなどの炭酸系を飲んでいたのもあり少々その系統も食傷気味。それでは何を飲む?スコッチ?コニャック?それとも久々にしっかりとしたラムでも飲むか?頭に浮かぶのは茶色い液体ばかりなので、今日はそんな気分なんだろう。たまには茶色い液体をゆったり飲むのもいい。というわけで、家にあるストックの中から相棒として選んだのは、Trinidad Rum Providence 1991(Cask No.1807)(トリニダード・ラム・プロヴィデンス)だった。

 飲み方はストレートにするかロックにするか少し考えて、ロックを選択。多少涼しくなったとは言え、ストレートは少し暑苦しい。
 このラムはオランダのCAREL ELLINCKHUYSEN(カーレル・エリンクハイセン)という会社がリリースしているラムのシリーズなのだが、今日あけている他にも、特徴あるラムを出している(シングルカスク&ヴィンテージ)。今宵飲んでいるトリニダード・ラムは、その名のとおりトリニダード・トバゴで作られたもの。香りは非常に柔らかで飲み口も優しい。杏のような香りが鼻に抜けるときに感じられた。

 偶には、ゆったり酒を楽しむのもいい。今夜はまだまだ楽しめそうだ。


データ
造り手:CAREL ELLINCKHUYSEN(カーレル・エリンクハイセン)
銘 柄:Trinidad Rum Providence 1991(Cask No.1807)(トリニダード・ラム・プロヴィデンス)
価 格:6,000円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/16

Dom Perignon 1999

Dscn1032










 いやー。土曜日は天気がよかったですね。天気のよい休日と言えば


シャンパーニュ


というわけで、休日廃人モードの私です。
正直、このシャンパーニュに関しては、名前が有名すぎる分積極的に買う気もなかったのですが、衝動買いしたので早速あけております。

シャンパーニュを飲むというか、休日廃人モードの飲み方。

 1.寝起きに冷蔵庫を開けて、おもむろにシャンパーニュを取り出し、そのままグラスに注いで飲む。
  気持ちよくなったら寝る→起きたらまた飲む→寝る(以下無限ループ
 2.(天気のいい日限定)ペルノ or リカール or アブサンを水割りで昼間っから飲む。ベランダとかで飲めればなお良し。
 3.(雨 or 曇りの日)寝起きの状態でスコッチもしくは、バーボンをチョコレート齧りつつ飲む。→寝る

非常に気持ちよく寝れます!!

ただ一つ・・・問題があるとすれば、確実に一日が潰れます。
起きた瞬間に、サザエさんとかを見た瞬間の私→(´・ω・`)

 というわけで、本題の酒に入っていきましょうか。ワインを詳しくない人でも多分知っているシャンパーニュはこれしかないですよね。あまりの知名度の高さに正直飲むときは色眼鏡がかかった状態で飲んでしまうという悪癖が出てきてしまうワインの一つです。今回は昼間っから飲むということで、そんなのも関係なしにのめるかなぁと思っているところです。

 香りは、柑橘系グレープフルーツ、ミネラルの香り、ナッツやトーストの香ばしい香り、蜂蜜などの甘い香りが混在して、非常に複雑な印象。口に含むとしっかりとした酸味が全体の味を引き締めています。やっぱりしっかりとしたシャンパーニュは酸味がいい。アフターの鼻に抜ける香りはマロングラッセのような感じです。んでアフターが長い。酸味がしっかりしているので、すっきり系と思いきや、その実味わいは重いです。


旨いねしかし。やっぱり一流と呼ばれるシャンパーニュだけありますね。
個人的好みでいえば、コント・ド・シャンパーニュとかボランジェRD,グランダネのほうがすきなんですよね。やっぱし。ベル・エポックなんかもいいですが。

抜けるような青空と、シャンパーニュのコントラストは最高です。
さーてそろそろ寝ますかね。

 このグラス、バカラのドン・ペリニヨンというシャンパーニュ用グラスなのですが、初めてドン・ペリニヨンを注ぎましたww

データ
作り手:Moet & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
銘 柄:Dom Perignon 1999(ドン・ペリニヨン)
格付け:AC Champagne(シャンパーニュ)
セパージュ:-
価 格:15,000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

Nector Imperial(ネクター・アンペリアル)

Dscn1029_3










ワインって、こうくそ暑く湿度が高いと飲む気になれないんですね。いくら軽いワインでも、香りで疲れるというか。香りでもうおなかいっぱいになっちゃいます。
 と、いうわけで、ここ最近飲んでいたもの。

 ・キャプテン・モルガンのソーダ割り
 ・モヒート
 ・ウォッカ・トニック
 ・マンサリーニャのソーダ割り
 ・ハイボール
 ・ビール(ヒューガルデンとかキリンの白い(ヴァイツェン)のとか、銀河高原とか・・・)
 ・カンパリビール

見事なほどカクテル一辺倒です。本当にありがとうございました。

 只注ぐだけだけのワインと違って、カクテルは手間がかかるわけですが、その手間を考慮してもワインを飲みたくないモードに入っていたわけです。

最近の行動パターンを考えると、帰宅→風呂の準備→飯の下ごしらえ→風呂→酒→飯→酒→つまみ→・・・(略

 風呂上がったあとの酒、しかも夏場と考えると、ビールなどのアルコール軽め、しゅわしゅわな炭酸系となってしまうんですね。ワインが入る余地がなし。

 風呂上りの濃ゆいシャルドネとか・・・

 想像もしたくないです。

 なんか、お題と話がずれてきたので、本題に戻りましょうか。今宵飲んでいるものは、モエ・エ・シャンドンのネクター・アンペリアルというシャンパーニュです。モエ・エ・シャンドンのブリュット・アンペリアルはおなじみだと思いますが、今宵飲んでいるのは甘口になります。シャンパーニュも甘いものから辛いものまでいろいろありまして(残糖分で表記が変わる)、


↑ 1.Brut Zero、Ultra Brut、Brut Sauvage(リキュール添加なし)
  2.Extra Brut
  3.Brut
  4.Extra Sec
  5.Sec
  6.Demi Sec   ←今回のシャンパーニュ
↓ 7.Doux

 一応こんな風になってるんですけど、Extra Sec、Sec Douxに関しては見たことももんだこともないです。一番甘いDoux(ドゥー)を飲んでみたいんですけどねぇ。今年の花見で飲んだルイ・ロデレーヌ・カルトブランシュ(ドゥミ・セック)でしたし。

 さーて香りは、パイナップル、黄桃のような果実のあまーい香りと、クッキーのような焼き菓子の香ばしい香りやバニラのような香り飲んだ後、鼻に最後に抜けていくのはジャスミンのような香りか?
 泡は繊細でやわらかく、非常に上品な甘みと酸味を感じます。

 いい!非常にいい! 一つ値段という観点を除けば・・・ 香り、味わいはやっぱりシャンパーニュなんですよね。やっぱりシャンパーニュはうまいなぁ。


 甘いワインと、ブルーチーズの相性の良さはよく知られているんですが、タイミングよくロックフォールが家にあったので、あわせて飲んでみました(りんごのスライスの上にロックフォールをのせた)。

幸せ・・・

散々ワインを飲みたくないと書いておきながら、なぜシャンパーニュを飲んでいるのかって?

シャンパーニュは別格


 


データ
作り手:Moet & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
銘 柄:Nector Imperial(ネクター・アンペリアル:規格的にはDemi Secのようです)
格付け:AC Champagne(シャンパーニュ)
セパージュ:ピノ・ノワール 40-50% , ピノ・ムニエ 30-40%, シャルドネ 10-20%
価 格:4,500円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年1月 »