« MUMM NAPA Brut Prestige(マム・ナパ・ブリュット・プレステージ) | トップページ | Emendis Brut Nature(エメンディス・ブルュット・ナチュレ) »

2008/06/14

Gimlet(ギムレット)

Dscn0967








 「I suppose it's a bit too early for a gimlet,he said.」(ギムレットにはまだ早すぎる:ギムレットみたいな強い酒を飲むにはまだ(時間的に)早いだろ・・・常識的に考えて・・・)


 レイモンド・チャンドラーのハード・ボイルド小説「長いお別れ」に登場する有名な台詞です。
 主人公のフィリップ・マーロウに対して、テリー・レノックスが言った名言になります。この台詞は小説でも重要な言葉になっているので、興味のある方は是非読んでみてください・・・

 更に、「本当のギムレットはジンとローズのライム・ジュースを半分づつ、他には何も入れないんだ」ともテリー・レノックスが言っています。この小説でギムレットの名前が一躍有名になったというのも嘘ではありません。
 ジンについては、現在各社(タンカレー、ビフィータ、ボンベイ・サファイア、ゴードン等々)日本に輸入されていますが、ローズ社のライム・・・これが現在日本では普通に手に入りません(一時期ユニオンリカーズが引いていた)。

 せっかくアメリカに行ってきたので、現地のBarでギムレットを飲んできましたが、ライムジュースも買ってきました(多めに)。日本でライムジュースといえば、明治屋とサントリーのライムジュースが売っていますが、今回はいい比較材料になりそうです。

 さて、初めてローズのライムジュースを使ったのですが、普通に買える明治屋やサントリーのライムジュースに比べると酸味がしっかりしています。半分ライムジュースを使った割に思ったほど甘くありません。


 普通Barでギムレットを注文すると、民生品のライムジュースではなく、生のライムを搾り、甘みを足すためにシュガーパウダーを足すのが一般的(ライムの状態や、Barによって異なりますが)になっています。また分量も、ジン 2/3(45ml),ライム 1/3(15ml)がスタンダードなレシピです。


 今夜はWest CoastのJazzを聞きつつ、ギムレットを飲んでいます。フィリップ・マーロウの気分にちょっとだけなってみたりしてww

データ
カクテル名:Gimlet(ギムレット:レイモンド・チャンドラー「長いお別れ」スタイル)
材   料:ジン 1/2,ライムジュース(ローズ社) 1/2
作 り 方:シェーク

|

« MUMM NAPA Brut Prestige(マム・ナパ・ブリュット・プレステージ) | トップページ | Emendis Brut Nature(エメンディス・ブルュット・ナチュレ) »

カクテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/41532097

この記事へのトラックバック一覧です: Gimlet(ギムレット):

« MUMM NAPA Brut Prestige(マム・ナパ・ブリュット・プレステージ) | トップページ | Emendis Brut Nature(エメンディス・ブルュット・ナチュレ) »