« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/18

Cuvee Marcel Lapierre N/V(2003)(キュヴェ・マルセル・ラピエール)

Dscn0589











 今宵の一本は再び趣向を変えまして、ボージョレのワインを開けております。造り手は、ある意味ボージョレのビオディナミを語ると必ず出てくるであろう、マルセル・ラピエールです。そしてこのワインは、ブドウの出来が良い年のみしか作られません(近年では2000,2003,2005)。2003年は記録的な酷暑で、そんなに良いヴィンテージではないと個人的に思っているのですが、自信を持ってリリースしてくるところを見ると、ここのブドウについては良い年だったのでしょう。
 ここは、一般的なボージョレのイメージ(いわゆる華やかなヌーヴォー)をぶち壊すワインを造っています。アルコール度数からして南仏やカリフォルニア並みの14%・・・。「軽くボージョレでも飲もうかな♪」といった気分のときに開けるようなワインではありません。(軽めの赤を飲むときはボージョレあたりが候補に挙がってくるんですよね)

 さてさて、早速飲んでみましょう。色からして濃いww香りは、プラム、ブラックベリー、チェリーなどの黒い果実の香りがメインで他にはスミレなどの花の香りも。正直このワインをブラインドで出されたら、ボージョレと答える自身がありません。味わいは・・・濃い・・・。果実味が凝縮されていて本当に力強い味わいです。とは言いつつも強いだけではなく全体としてのバランス(酸、タンニン)も悪くはない。できれば肉を食べながら飲むのがいいと思います。
うーんガメイとは本当に思えない・・・


ちなみに地域や畑などの情報は特に書いていませんが、『モルゴン』のブドウを使用しているようです。
だったらAOCで出せるはずじゃないと・・・少し調べてみたらアルコール度数が高すぎてINAOからAOCの認定がもらえなかったと言うことのようですね(官能試験で引っかかった)。

ワイン
作り手  :Marcel Lapierre(マルセル・ラピエール)
銘 柄  :Cuvee Marcel Lapierre N/V(2003)(キュヴェ・マルセル・ラピエール)
格付け  :Vin de Table(ヴァン・ド・ターブル)
セパージュ:ガメイ100%
価 格:3,500円

=======2008/5/26追記 格付について=====

フランスやイタリア、ドイツ、スペイン等々多くの国ではワインに関する法律が整備されています。とりあえずフランスでは・・・
 ・AOC(原産地呼称統制ワイン)
 ・AOVDQS(上質指定ワイン)
 ・Vin de Pay(地酒)
 ・Vin de Table(テーブルワイン)
というカテゴリーに分かれています。この表記についてはラベルを見れば必ず書いてあります。

たとえばボルドーのAOCワインなら、Appellation Bordeaux Controllee
と書いてあります。この場合ボルドー地方の指定されたブドウ・栽培方法、等々で作られたワインということがわかります。

もう一個ブルゴーニュの場合
Appellation Bourgogne Controllee
となればブルゴーニュ地方全体で表記可能なのですが、たとえば高いワインで有名なロマネ・コンティは、
Appellation Romanee-Conti Controllee
と表記されています。ロマネ・コンティの畑自体がAOCとして認められているということです(ブルゴーニュの場合は畑自体の認定もある、他の地方ではもっと大雑把なものが多い)。

Appellation なんとか Controllee
の『なんとか』に入るもの

大きな順から(ボルドーの場合)
地方(ボルドー地方) >地域(メドック地区)> 村(マルゴー村)

ブルゴーニュの場合(一例)
ブルゴーニュ(地方) > 村(ヴォーヌ・ロマネ村) > 畑(ロマネ・コンティ)

範囲が狭ければ狭いほど、お値段は高くなる傾向にあります。

たとえば宮城県でブランド米を作っているとして市役所付近から収穫できる米が最高だとします。

宮城県 > 仙台市 > 青葉区 > 国分町三丁目

要は、宮城県で収穫できた米は宮城県のラベルでは出せますが、仙台市(仙台市で収穫できた米ならOK)や青葉区(青葉区で収穫できた米ならOK)のラベルはつける事ができないということです(逆にわかりにくいか?w)。

ロマネ・コンティの場合、ロマネ・コンティの畑から取れたブドウでなければ、その名前は名乗ることができません。

やっと今回のワインですが、本当ならばボージョレ(地域)>ボージョレ-ヴィラージュ(指定地域)>モルゴン(村)
というなかのモルゴンを名乗ることができるはずだった(最低でも(ボージョレ)のですが・・・AOCの認可を受けるには、

1. 生産地域
2. 品種
3. 最低アルコール度数 : 収穫期のブドウの糖度にも規定がある。
4. 最大収穫量 : 1ha当たりの最大収穫量が規制されている。生産量を増やしすぎて土地がやせ、ブドウの品質が落ちることを防ぐ。
5. 栽培法 : ブドウの樹齢が5年を経過していること、など。
6. 剪定法 : ブドウの樹の種類を考慮し、産地によっても異なる。
7. 醸造法 : ミュスカデ、ロゼワイン、シャンパーニュなどの発泡ワインには特別に規定がある。産地によって異なる。
8. 熟成法 : ボジョレー・ヌーヴォーの発売日や、発泡ワインの熟成法は特に厳密に定められている。
9. 試飲検査 : AOCワインのすべてが、試飲検査を受けなければならない。

という規定を満たさなければなりません。この規定は地域ごと(AOC毎)に変わります。

この認定が通らなかった場合はAOCの表記をすることはできず、多くの場合、Vi de Pays(地酒)やVin de Table(テーブル・ワイン)として世に出回ることになります。

最近はあえてAOCをとらないものも出てきているので、格付が高い=品質高い、格付が高い=美味しい というわけではありません。

詳しくは、今度フランスワインを開けるときに書こうと思います。
================

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/14

ルバイヤート・甲州・シュール・リー 2006

Dscn0587_2











 さて、なんとも・・・梅雨でもないのに雨がシトシト降っています。まぁ気温が高くないだけ過ごし易いんですけどね。さて、今宵も甲州を開けております。今回は丸藤葡萄酒工業の『ルバイヤート・甲州・シュール・リー 2006』です。
 ヴィンテージの違いがあるものの、昨日開けた『ARUGANO BOSQUE 2005(アルガーノ・ボシケ)』と比べると、明らかに色が薄いですね。さて、香りはどうでしょうか。

 香りは、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系のフルーツの香りがメインで、ミネラル香、青りんごの香り、ジャスミンの花の香り、イタリアのコルテーゼを思わせるラムネ香が少々。飲み比べた4本の中では香りは一番好みです。口に含むとフレッシュで活き活きとした酸味を感じられ、甲州としては、少し濃いかなと思われるほどの果実味。うーん・・・全体的なバランスを考えると今回飲んだ中だとTOPかなと思います。なにが良いといえばやはり香りのバランスがすごく良い。
 合いそうな料理を考えてみた。山菜の天麩羅、水炊き、鯉の洗い、ヤマメ、岩魚の塩焼き、鮭のホイル焼き等々、薄味から中口料理に合いそうです。ただし・・・炊きたての米とは合わないと思うんですよね・・・多分筍の炊き込みご飯やきのこの炊き込みご飯など、手を加えないとだめかもしれません。

データ
作り手:丸藤葡萄酒工業株式会社
銘 柄:ルバイヤート・甲州・シュール・リー 2006
格付け:-
セパージュ:甲州 100%
価 格:1,480円


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/13

アルガーノ・ボシケ 2005

Dscn0585










 寒い・・・東京は、ここ最近非常に寒いです。まぁ流石にコートは要りませんが、冬物のスーツで丁度いいくらいです。もっと暑くなることを見越して白ワインを買ったのですが、ここ最近の気温なら、白でも濃いシャルドネとか赤ワインでもいけそうな気配です。
 さて、予告どおり今日も甲州を開けています。開けているのは、『ARUGANO BOSQUE 2005(アルガーノ・ボシケ)』初めて飲む作り手なので、結構期待して開けてみました。


香りは、ミネラル香が強く、キャンディやラムネ香もします。また、柑橘系の果物のさわやかな香りもあります。香りの印象としてはかなり硬い部類に入るのではないでしょうか。口に含むとフレッシュな酸味と程よい果実味、アフターに強めの苦味を感じられます。以前の日本に比べると粘度も高いかな(少しトロリとした感じ)。アフターに鼻に抜ける香りがさわやかでいい感じです。
 このワインは単体で飲むというよりは食事とあわせたほうがよさそうに思えます。焼き魚、てんぷらあたりがいいような気がなします。また同じ苦味を生かすという点では、山菜なんかも良いかもしれません。

 アフターの抜ける香りが良いなぁ。

同じ山梨の甲州でも作り手によって差が出るのは面白いですね。


データ
作り手:勝沼醸造株式会社
銘 柄:ARUGANO BOSQUE 2005(アルガーノ・ボシケ)
格付け:-
セパージュ:甲州 100%
価 格:1,400円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006

Dscn0579










予告どおり今宵も甲州です。飲んでいるのはシャトー・メルシャンの『Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006』前日のワイン(グレイス甲州)も少々残っているので飲み比べてみることにします(抜栓時間の差はありますが・・・)。メルシャンは2006年にキリンに買収されて現在はキリンホールディングスの子会社になっています。
 近年会社の移り変わりが激しいので、「いつの間に買収されてたんだよw」と思うことが結構あります。
 ちなみにメルシャンが扱っているワインでよく見る物は、
  ・サンライズ チリ
  ・コンチャ・イ・トロ チリ
  ・ピア・ドール フランス
  ・ウルフ・ブラス オーストラリア
  ・ポメリー フランス(シャンパーニュ)
  ・ロバート・モンダヴィ アメリカ
いまや普通にコンビニやスーパーでも見かけるワインたちです。

 メルシャンのワイン自体はスーパーなどでも普通に見かけたりするので、結構なじみが深いんじゃないでしょうか。
 メルシャン自体は山梨以外にも、長野や福島にもブドウ畑を持っています。機会があればその辺も紹介できればと思っています。

 さて本日のワインを飲んで見ましょうか。香りは、レモンやライムなどの柑橘系フルーツの香りが主体で微妙にパンのようなイースト香もします。あと、幸水のような日本の梨のような香りも微かに・・・。昨日のグレイス甲州と比べると優しい香りかな(グレイス甲州は、ミネラル香や燻した煙の香りなどがあった)。味わいは・・・フレッシュな酸味を感じられ酸味とバランスの取れた果実味、アフターにバランスのよい苦味を感じられます。良く言えば上手くまとまっているワインだといえるでしょう。
 一応香り、味での比較を行うと・・・

  香り  グレイス>>シャトーメルシャン
  酸味  グレイス>シャトーメルシャン
  果実味 グレイス>>シャトーメルシャン
  苦味  グレイス>>シャトーメルシャン

これはどちらのほうが優れているかではなく、ピンポイントでの比較です。全体的なバランスに関してはどちらもあまり変わりません。あくまで個人的な好みであれば、グレイス甲州に軍配が上がると思います。優しいバランスが取れている方を・・・というより無難に薦めるとすれば、メルシャンを押します。

値段にしても悪くない出来だと思います。さて次回は、ルバイヤートか勝沼醸造にします。


データ
作り手:メルシャン株式会社 勝沼ワイナリー
銘 柄:Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006
格付け:-
セパージュ:甲州 100%
価 格:1,200円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

グレイス甲州 2006

<Dscn0564










 せっかくの休日なのに雨、雨、雨・・・と。まぁたまにはこんな休日も悪くはないんですが、なんともぱっとしない天気ですね。さて今宵は先日宣言していた通り、甲州を飲んでおります。昨年、丁度今頃に勝沼に行きましてワイナリーめぐりをしたのですが、暑い中歩いて飲んだワインは最高に美味しかった覚えがあります。今宵は少々寒いですが、今の時期にお勧めのワインということであけて行きます。

 作り手は中央葡萄酒造。ある意味甲州ワインを世界に認めさせた作り手です。ここ数年フランスなどにも輸出しており、高い評価を受けているそうです。

 まぁ早速飲んでみましょう。香りは、レモンやグレープフルーツの皮、ミネラル香、あと日本酒のような吟醸香、またロワールのプイィ・フュメまでとは言わないものの、少し燻したようなスモ-キー香りがします。口に含むとフレッシュな酸味を感じられ、果実味も申し分なし。以前飲んだビンテージより少しアフターの苦味が気になりますが、それが最後に全体を引き締めていると思います。

 やっぱりここの甲州は安定感があっていいですね。値段も申し分なし。

久々に今夜食べたご飯を・・・食材はこれです。
魚:イシモチ、鰯
貝:アサリ
野菜:ズッキーニ、アスパラ(紫)、タマネギ、マシュルーム、プチトマト、香草類
14425077_3807093293










んで、出来上がったがこれ。一皿目は鰯のカルパッチョ。二皿目はイシモチのソテー香草ソース、紫アスパラ添えです(料理名は適当)。
Dscn0568Dscn0573










ソースにはアサリからとったスープをベースにしてソースを作りました。二皿とも美味しくいただきました。

魚をバシバシさばいたんで、手が非常に魚くさいwwww

次回もまた甲州を飲む予定です。


データ
作り手:中央葡萄酒造株式会社
銘 柄:グレイス甲州 2006
格付け:-
価 格:1,500円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/09

Clos Des Rochers Reesling Grand Premier Cru 2006(クロ・デ・ロシェ・リースリング・グラン・プルミエ・クリュ)

Dscn0556








 東京は、昼間暑い日が続いておりますが、夜は風がいい感じに涼しく感じられます。ここ最近夜の風が強いかな・・・
 今宵は、ルクセンブルクのワインを開けております。あまり日本には馴染みのない国なので少々解説を・・・ルクセンブルクは、南にフランス東にドイツ、西にベルギーと3国に囲まれています。面積は神奈川県位で人口は46万人。非常に小さな国ですが、経済的にはGDP,GNPなどの指標は世界でもトップクラスを誇ります。

 ワインについては白ワインやスパークリングワインなどが有名。ワインについての法律は資料がなかったので、詳しくはわかりませんが、ラベルを見る限りフランスに倣っているのかなと思います(フランスのAOCとほとんど変わらないため)。ドイツでもモーゼルのワインが有名ですが、ルクセンブルクの国内もモーゼル川が流れているので川沿いにブドウ畑が点在しているようです(というか黄金の雫で有名なトリアーはルクセンブルク国境に接している)。場所柄リースリング、ピノ・ブラン、ゲビュルツトラミネール、ピノ・グリ、ピノ・ノワールなど、フランスのアルザスに近い品種が主力のようです。

 モーゼルと言うこともあり、ドイツワインに近い味わいなのかな・・・と勝手に予想してみます。


 早速飲んでみます。香り。レモン、グレープフルーツなど柑橘系果実の皮の香り。ミネラル香、ジャスミンやライラックのような花の香り。うーん香りの出方はドイツというよりはアルザスのほうに近いかもしれません。味わい。ピチピチとしたフレッシュな酸味(微発泡)を感じられ、ほのかな甘みとともにバランスのよい果実味、アフターに少し強い苦味を感じます。スタイルとしてはどう考えてもアルザスなんですが、ドイツのモーゼルの雰囲気も醸し出しているといった感じです。正直かなり気に入りました。辛口の白の場合、モーゼルでは少し物足りない・・・だがアルザスはチト高い、またフレッシュ感はモーゼルに劣る・・・
 ドイツとアルザスを足して2で割ったといった感じです。これが1000円台で買えれば非の付け所がない。というか、確実に夏用ワインとしてケースで買うのですが・・・流通量が少ないというのもあり、手に入りにくいのもマイナスポイントかもしれません。


いいぞ!ルクセンブルク!

次回からは少し趣向を変えて「甲州」を中心に紹介できればと思っています。


データ
作り手:Domaine Clos Des Rochers(ドメーヌ・クロ・デ・ロシェ?:読みが正しいかは微妙)
銘 柄:Clos Des Rochers Reesling Grand Premier Cru 2006(クロ・デ・ロシェ・リースリング・グラン・プルミエ・クリュ)
格付け:AC Moselle Luxembourgeoise
セパージュ:リースリング 100%
価 格:2,500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »