« Grand Cru Cuvee Pierre Moncuit-Delos Blanc de Blanc(グラン・クリュ・キュヴェ・ピエール・モンキュイ・ドゥロス・ブラン・ド・ブラン) | トップページ | グレイス甲州 2006 »

2008/05/09

Clos Des Rochers Reesling Grand Premier Cru 2006(クロ・デ・ロシェ・リースリング・グラン・プルミエ・クリュ)

Dscn0556








 東京は、昼間暑い日が続いておりますが、夜は風がいい感じに涼しく感じられます。ここ最近夜の風が強いかな・・・
 今宵は、ルクセンブルクのワインを開けております。あまり日本には馴染みのない国なので少々解説を・・・ルクセンブルクは、南にフランス東にドイツ、西にベルギーと3国に囲まれています。面積は神奈川県位で人口は46万人。非常に小さな国ですが、経済的にはGDP,GNPなどの指標は世界でもトップクラスを誇ります。

 ワインについては白ワインやスパークリングワインなどが有名。ワインについての法律は資料がなかったので、詳しくはわかりませんが、ラベルを見る限りフランスに倣っているのかなと思います(フランスのAOCとほとんど変わらないため)。ドイツでもモーゼルのワインが有名ですが、ルクセンブルクの国内もモーゼル川が流れているので川沿いにブドウ畑が点在しているようです(というか黄金の雫で有名なトリアーはルクセンブルク国境に接している)。場所柄リースリング、ピノ・ブラン、ゲビュルツトラミネール、ピノ・グリ、ピノ・ノワールなど、フランスのアルザスに近い品種が主力のようです。

 モーゼルと言うこともあり、ドイツワインに近い味わいなのかな・・・と勝手に予想してみます。


 早速飲んでみます。香り。レモン、グレープフルーツなど柑橘系果実の皮の香り。ミネラル香、ジャスミンやライラックのような花の香り。うーん香りの出方はドイツというよりはアルザスのほうに近いかもしれません。味わい。ピチピチとしたフレッシュな酸味(微発泡)を感じられ、ほのかな甘みとともにバランスのよい果実味、アフターに少し強い苦味を感じます。スタイルとしてはどう考えてもアルザスなんですが、ドイツのモーゼルの雰囲気も醸し出しているといった感じです。正直かなり気に入りました。辛口の白の場合、モーゼルでは少し物足りない・・・だがアルザスはチト高い、またフレッシュ感はモーゼルに劣る・・・
 ドイツとアルザスを足して2で割ったといった感じです。これが1000円台で買えれば非の付け所がない。というか、確実に夏用ワインとしてケースで買うのですが・・・流通量が少ないというのもあり、手に入りにくいのもマイナスポイントかもしれません。


いいぞ!ルクセンブルク!

次回からは少し趣向を変えて「甲州」を中心に紹介できればと思っています。


データ
作り手:Domaine Clos Des Rochers(ドメーヌ・クロ・デ・ロシェ?:読みが正しいかは微妙)
銘 柄:Clos Des Rochers Reesling Grand Premier Cru 2006(クロ・デ・ロシェ・リースリング・グラン・プルミエ・クリュ)
格付け:AC Moselle Luxembourgeoise
セパージュ:リースリング 100%
価 格:2,500円

|

« Grand Cru Cuvee Pierre Moncuit-Delos Blanc de Blanc(グラン・クリュ・キュヴェ・ピエール・モンキュイ・ドゥロス・ブラン・ド・ブラン) | トップページ | グレイス甲州 2006 »

そのほかの国のワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/41150039

この記事へのトラックバック一覧です: Clos Des Rochers Reesling Grand Premier Cru 2006(クロ・デ・ロシェ・リースリング・グラン・プルミエ・クリュ):

« Grand Cru Cuvee Pierre Moncuit-Delos Blanc de Blanc(グラン・クリュ・キュヴェ・ピエール・モンキュイ・ドゥロス・ブラン・ド・ブラン) | トップページ | グレイス甲州 2006 »