« グレイス甲州 2006 | トップページ | アルガーノ・ボシケ 2005 »

2008/05/11

Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006

Dscn0579










予告どおり今宵も甲州です。飲んでいるのはシャトー・メルシャンの『Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006』前日のワイン(グレイス甲州)も少々残っているので飲み比べてみることにします(抜栓時間の差はありますが・・・)。メルシャンは2006年にキリンに買収されて現在はキリンホールディングスの子会社になっています。
 近年会社の移り変わりが激しいので、「いつの間に買収されてたんだよw」と思うことが結構あります。
 ちなみにメルシャンが扱っているワインでよく見る物は、
  ・サンライズ チリ
  ・コンチャ・イ・トロ チリ
  ・ピア・ドール フランス
  ・ウルフ・ブラス オーストラリア
  ・ポメリー フランス(シャンパーニュ)
  ・ロバート・モンダヴィ アメリカ
いまや普通にコンビニやスーパーでも見かけるワインたちです。

 メルシャンのワイン自体はスーパーなどでも普通に見かけたりするので、結構なじみが深いんじゃないでしょうか。
 メルシャン自体は山梨以外にも、長野や福島にもブドウ畑を持っています。機会があればその辺も紹介できればと思っています。

 さて本日のワインを飲んで見ましょうか。香りは、レモンやライムなどの柑橘系フルーツの香りが主体で微妙にパンのようなイースト香もします。あと、幸水のような日本の梨のような香りも微かに・・・。昨日のグレイス甲州と比べると優しい香りかな(グレイス甲州は、ミネラル香や燻した煙の香りなどがあった)。味わいは・・・フレッシュな酸味を感じられ酸味とバランスの取れた果実味、アフターにバランスのよい苦味を感じられます。良く言えば上手くまとまっているワインだといえるでしょう。
 一応香り、味での比較を行うと・・・

  香り  グレイス>>シャトーメルシャン
  酸味  グレイス>シャトーメルシャン
  果実味 グレイス>>シャトーメルシャン
  苦味  グレイス>>シャトーメルシャン

これはどちらのほうが優れているかではなく、ピンポイントでの比較です。全体的なバランスに関してはどちらもあまり変わりません。あくまで個人的な好みであれば、グレイス甲州に軍配が上がると思います。優しいバランスが取れている方を・・・というより無難に薦めるとすれば、メルシャンを押します。

値段にしても悪くない出来だと思います。さて次回は、ルバイヤートか勝沼醸造にします。


データ
作り手:メルシャン株式会社 勝沼ワイナリー
銘 柄:Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006
格付け:-
セパージュ:甲州 100%
価 格:1,200円

|

« グレイス甲州 2006 | トップページ | アルガーノ・ボシケ 2005 »

ニューワールドのワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/41171620

この記事へのトラックバック一覧です: Chateau Mercian 甲州 シュール・リー 2006:

« グレイス甲州 2006 | トップページ | アルガーノ・ボシケ 2005 »