« Gangloff Rose Syrah 2006(ガングロフ・ロゼ・ド・シラー) | トップページ | Les Terres du Sud Rose 2006(テール・デュ・シュド・ロゼ) »

2008/03/14

五月長根葡萄園 Riesling Lion 2006(さつきながねぶどうえん・リースリング・リオン)

Dscn0313









 百貨店でワインを物色している時にふと目に入ったワインがこれでした。私の地元の岩手で作っているワインです。存在自体は知っていて、以前赤ワインはお土産コーナーで買って飲んだことはあったのですが、白ワインは飲んだことがなかったので早速購入。ブドウ品種はリースリング・リオンと書いてあります。名前から察するに、ドイツのリースリングの仲間なのか?と調べてみたところ、(リンク詳しくは先参照)甲州三尺というブドウとリースリングを掛け合わせた品種のようです。作ったのはサントリーのようです。特徴を見るとリースリングより収量の面で安定、香りはリースリングより薄い、味は厚みがあり酸度が強いと・・・文面見る限りは悪くなさそうですね。ちなみに作っている場所は岩手県花巻(はなまき)市大迫(おおはさま)町場所的には北緯39度です。ちなみにリースリングの名醸地ドイツのモーゼル地方は大体北緯50度付近にあります。まったく関係ないですが、花巻市はわんこそば発祥の地で(盛岡ではない)、温泉街としても有名です。

 さてさて早速飲んでみましょう。香りは、青りんごや柑橘系のフルーツの香りがします。リースリングというより甲州っぽい香りですね。香り自体はあまり主張してきません。味わいは仄かな甘みとスッキリとした酸味があります。味のバランスも悪くない。今の時期に飲むと言うより、夏にキンキンに冷やして縁側で枝豆つまみながら飲むとよさそうです。

 飲む前はちょっと心配していたのですが、開けてみると悪くない。ただこれが1,000円台なら文句なかったんですが・・・まぁ地元と言うことで今後もちょくちょく開けて飲もうと思っています。

データ
作り手:株式会社エーデルワイン
銘 柄:五月長根葡萄園 Riesling Lion 2006(さつきながねぶどうえん・リースリング・リオン)
格付け:-
セパージュ:リースリング・リオン 100%
価 格:2,100円


|

« Gangloff Rose Syrah 2006(ガングロフ・ロゼ・ド・シラー) | トップページ | Les Terres du Sud Rose 2006(テール・デュ・シュド・ロゼ) »

ニューワールドのワイン」カテゴリの記事

コメント

リースリング・リオン、飲んだことあります!
長野のワインだったかな?
何か限定だったワインでしたが思い出せない。
そんなに悪くない印象だった記憶があります。

あまり聞かない品種だなと思ってましたが、
日本でできたものだったとは。

エーデルワイン、知ってます。
会社のある方のお父様が勤務してたとか。

投稿: しゃーしゃん | 2008/05/10 23:27

しゃーしゃんさん

長野のほうでも作っているんですね、機会があれば岩手産のと比べてみたいです。

エーデルワインは正直マイナーすぎるので反応が返ってくるとは思っていもいませんでしたw

投稿: ネコまっしぐら | 2008/05/11 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/40509695

この記事へのトラックバック一覧です: 五月長根葡萄園 Riesling Lion 2006(さつきながねぶどうえん・リースリング・リオン):

« Gangloff Rose Syrah 2006(ガングロフ・ロゼ・ド・シラー) | トップページ | Les Terres du Sud Rose 2006(テール・デュ・シュド・ロゼ) »