« Chateau Peyre-Lebade 2004(シャトー・ペイル・ルバード) | トップページ | Grand Cru Ambonnay Blanc de Noir(グラン・クリュ・アンボネィ・ブラン・ド・ノワール) »

2008/02/18

Pouilly Fume 2005(プイィ・フュメ)

Dscn0281Dscn0283








 なんというか、三陸の良い生牡蠣が手に入ったので、久々にロワールのプイィ・フュメを開けております。生牡蠣とワインといえば、シャブリ(ブルゴーニュ)、サンセール(ロワール)、アントゥル・ドゥ・メール(ボルドー)とか、ミュスカデ(ロワール)等と相場が決まっているとか言われていたりします。ただし一般的には生牡蠣に合うといわれているシャブリですが、一言にシャブリとくくっても村名ものからグラン・クリュまであるわけで一概に言えなかったりします。個人的には、アントゥル・ドゥ・メールがお手軽でお勧めです
 牡蠣の食べ方などはその取れる地方でさまざまですが、例えばスコットランドのアイラ島などでは牡蠣にボウモアをぶっ掛けて食べてたりもします。(ボウモア等のアイラモルトは潮の香りがする)ボウモアと生牡蠣も今の時期には非常に乙な物なのでやりたいんですけど、手持ちにボウモアがないので今度ゲットしておこうかと思っています。

 気づいたら、手持ちのスコッチがない・・・気軽に飲めるブレンデッドは何種類かあるんですが、シングルモルトが全滅中です。今度補充しておかなければ・・・

 さて、ワインの話に戻りましょう。今回はプイィ・フュメ。なんか非常に日本語で発音し辛いワイン名ですねw
プイィ(村の名前)・フュメ(煙)というワインです。ワイン自体はソーヴィニヨン・ブランで作られる辛口のワインです。その名のとおり、少しスモーキーな香りが特徴。火打石とか煙とか表現したりしますが、ほかのフランスワインでは出せない香りが特徴です。
 個人的にはこのアンリ・ブルジョワのワインは手ごろでクオリティが高いのでよく飲んでいます。所謂典型的なロワールのソーヴィニヨン・ブランを体現している作り手だと思います。

 さて早速飲んでみましょう。香りは先ほど書いたとおり、火打石や煙などのスモーキーな香り、シトラスやレモン、グレープフルーツなどの柑橘系の果実の香りがします。この2005年のヴィンテージについては、例年より果実の香りのほうが強いかな?という印象です。(甘い香りが強い)味わいも酸味、果実味ともバランスがいいのですが、やはり力強い印象。2005年の猛暑の影響があるのかなと思っていたりします。

 んで生牡蠣ですが、三陸の生牡蠣はうまい!ワインとも相性が良いですね。


 さて来週はシャンパーニュを開ける予定(月一でシャンパーニュを開ける方針)なので、次回はそれについて書こうと思っています。

まったく関係ないですが・・・最近Call Of Duty4というFPSをやるがために、XBOX360を購入しました。
非常に面白いです。それとあまりのグラッフィクスのリアルさにびっくりしましたw

データ
作り手:Henri Bourgeois(アンリ・ブルジョワ)
銘 柄:Pouilly Fume 2005(プイィ・フュメ)
格付け:AC Pouilly Fume(プイィ・フュメ)
セパージュ:ソーヴィニヨン・ブラン 100%
価 格:2,500円

|

« Chateau Peyre-Lebade 2004(シャトー・ペイル・ルバード) | トップページ | Grand Cru Ambonnay Blanc de Noir(グラン・クリュ・アンボネィ・ブラン・ド・ノワール) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/40174407

この記事へのトラックバック一覧です: Pouilly Fume 2005(プイィ・フュメ):

« Chateau Peyre-Lebade 2004(シャトー・ペイル・ルバード) | トップページ | Grand Cru Ambonnay Blanc de Noir(グラン・クリュ・アンボネィ・ブラン・ド・ノワール) »