« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/20

Highball(ハイボール)

Dscn0259








 大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年もこのBlogをよろしく願いいたします。
 ネタもBlogを書く気力もなかなかおきなかったので、放置状態でしたが、久々に銀座→渋谷でお酒を飲んで感動したので、それを再現すべく作ってみたいと思います。

 その酒とは、「ハイボール」です。

 たかがハイボール。されどハイボール。ウィスキーをソーダでビルド(割った)しただけですが、シンプルなものだけに奥が深い。材料、作り方によって様々に変化します。今回はとあるBarでの作り方を参考にして作っています。今回使用したWhiskyは角を使いましたが、他のベースでも色々試してみたいと思っています。

 さて、今宵のハイボール。ダブルで作っているので、結構アルコール度数があります。飲み口と香りに騙されて飲みすぎると撃沈という事に・・・

 角といえば、親父やじいさんが飲んでいたのを思い出します。家にあるウィスキーといえばダルマ(オールド)、角、ブラックニッカでした。夏、会社から帰ってくるとまずは風呂に入りビールを一杯。それから飯を食った後にウィスキーを飲む。夏はロックやストレートではなく爽やかなソーダ割で。グラスに氷を入れて茶色の液体を注ぎ、ソーダで割る。子供ながら美味しそうだと思ってみていました。

 さて、本日のハイボール。角とソーダ、グラス(10オンス)は冷蔵庫でよく冷やしておきます。そして角を60ml注ぎソーダを注ぐ、そして最後にレモンピールを絞りかける。
 それだけです。(氷は必要ありません、又ソーダを入れた後ステア(混ぜる)する必要もありません)
 レモンの香りが爽やかで非常にうまい。角のバーボン由来の香りが非常に心地よい。すばらしい一品です。

 レモンピールを絞りかけるだけだと、いまいちレモンの香りが微妙にしかしないので(それでもいいんですが)納得がいかなかったので何パターンか試してみました。

 1.レモンピールをグラスに多めにかける(酒を注いだあと)
 2.レモンジュースをグラスの淵につけ、グラスを冷やす。
 3.レモンをグラスに回しつけ、グラスを冷やす(マルガリータやソルティードックのようにスノースタイルを作るのと同様にする)
 4.レモンピールをグラスの淵にこすり付けグラスを冷やしておく
 5.4に加えて、仕上げにレモンピールをかける。

 1は、多少香りが強くなるものの、飲み終わりまでレモンの香りが持続しない。2は、レモンジュースは意外にレモンの香りがしない。3は、2とほぼ同様。4,5が一番香りがよく香り自体も持続しました。私は4若しくは5で作ったハイボールが好きです。が・・・しかし、完全に納得の行く出来ではないです。レモンの香りがまだ足りない。もっと研究が必要と考えています。

 角以外のハイボールも今後試して行きたいと思っています。

最近面白い本を見つけました。今宵は少しその本のことを紹介しようと思います。たまたま本屋の美術コーナーを見ていると、「80s 日本の雑誌広告」という本が目に付きました。内容は商品カテゴリー別に80年代の雑誌広告が載っている本で、多分デザイン系の本なのですが、これが面白い。その時代のデザインもいいですが懐かしい商品も多くその時代の世相が分かる本です。興味がある方は是非どうぞ。

データ
カクテル名:ハイボール(ダブル)
材   料:角(サントリー) 60ml, ソーダ 適量, レモンピール
作 り 方:ビルド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »