« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/30

Cayega Roero Arneis 2006(カィエガ・ロエロ・アルネイス)

021








 今宵は、イタリア・ピエモンテの白ワイン2004年にDOCGに昇格したワインです。このぶどう(ロエロ・アルネイ)自体は昔から作られていた(現地ではネッビオーロ・ビアンコとも呼ばれている)のですが、日本にはあまり入っていなかったようです。というのも先に書いたとおり、DOCGになったのは2004年、DOCになったのは1985年。しかもピエモンテといえばバローロ、バルバレスコを代表とする赤ワインの名醸地。白ワインは、GAVI(ガヴィ)くらいで、白ワインがスポットを当てられたことは殆どといっていいほどありませんでした。

 私自身、イタリアのDOCG,DOCなどについては毎年追いかけているわけではないので、恥ずかしながら今日買うときにDOCGになったことを知りました。
(以前は、ブルーノ・ジャコーザのロエロ・アルネイスは飲んだことはあったのですが、そのときはまだDOCのままでした。)

 香りは、青りんご、洋ナシ、グレープフルーツの皮など果実系フレッシュで甘いの香りと、スウィートバジルなどのハーブの香りがします。後ミネラル香が結構強い。
 香りから想像するに、すっきり系味わいと思いつつ意外にも口に含んだ感じはちょっとネットリ系。酸味はやわらかく、しっかりとした果実味。非常にミネラリーな印象。アフターに強めの苦味が・・・アフターの苦味がちょっと強めかも知れません。個人的にはもうちょっとさわやか目の苦味のほうが好みかも。

 今宵は数種類のキノコのマリネしたものを摘みに(前菜として)飲んでいましたが、びったり合いました^^

 キノコを食べてふと思うのは、この時期になると実家のほうでは山に入って山の恵みを分けてもらいに行きます。定番なのは、ハツタケ(夏からでる。ご飯にすると美味)ボリ(ナラタケのこと基本は茗荷、キャベツと一緒に味噌汁にする)、サクラシメジ、ホウキタケ、ハタケシメジ、ヒラタケ、コガネタケ、ホンシメジ、マイタケ、アミ(カラマツの林に生える。塩漬けにするのが定番)等々・・・本当に天然ものはおいしい。スーパーで売ってる「ブナシメジ」「マイタケ」は同じ名前の偽者です。(断言)

毎年、キノコを取るために実家に休みをとって帰ろうかと思うくらいですが・・・


・・・

封筒が届いた。

住所を見つつ思い出すもの。

見えるのは、一面の草原と山。
さえぎるものは何もなくて、冷たく刺すような空気が流れている。
足元には、深い紫色をした深山竜胆の花。
夕焼けの赤紫と竜胆のコントラストに心を奪われる。

 たぶん、空の色も自分の見ているものより、高くて青いんだろうな。
 たぶん、空気も自分の感じているものより、冷たくて、澄んでいるだろうな。
 たぶん、風は自分の感じているものより、土と木の草の香りがするんだろうな。


封筒を開ければ同じ空気を感じられるのだろうか。


なんて、少しだけ思ってしまいました。


===
アルネイスというのは現地の言葉で「気むずかし屋でちょっと気が狂った人」の意。
扱いにくいぶどう品種のようです。

これ、まめちしきな。

データ
作り手:Tenuta Carretta(テヌータ・カレッタ)
銘 柄:Cayega Roero Arneis 2006(カィエガ・ロエロ・アルネイス)
格付け:DOCG
セパージュ:ロエロ・アルネイス
価 格:2,200円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

FLEURIE 2005(フルーリー)

Dscn0133










 久々にボージョレです。再来月にはプリムール(ヌーヴォー)なのでというわけではなく、ショップで偶々目に付いたので買ってみました。作り手はネゴシアンでは有名なフェヴレなのですが、これはドメーヌものです。
ぶどう品種はボージョレの代名詞ともいえる、ガメイ種。

さてさてボージョレといってもいろいろ種類があるのでまとめとおきます。今宵飲んでいるのは、クリュ・ボージョレと言って、10地区指定されています。
私も復習がてら・・・北から
St-Amour(サンタムール:聖なる愛)
Julienas(ジュリエナ:ジュリアス・シーザーに由来)
Chenas(シエナ:樫[シューヌという])
Moulin-a-Vent(ムーラン・ナ(ア)・ヴァン:風車)
Fleurie(フルーリー:花で飾られた)
Chiroubles(シルーブル:?)
Morgon(モルゴン:?)
Regnie(レニエ:?)
Brouilly(ブルイィ:?)
Cote de Brouilly(コート・ド・ブルイィ:?)

シルーブル以南にある地区の由来は見つけられませんでした。知っている方がいたら是非教えてください。
一応クリュ・ボージョレは全て飲んでいるのですが、いかんせん7年ほど前なので、大部分忘れちゃってます。
もう一度一通り飲まねばと少し思っていたりします。


 さてさて、早速飲んでみましょう。香りは、ラズベリーやストロベリーなどの甘い果実の香りと、スミレのような香りがします。あと少し青っぽい草の香りか・・・味わいは柔らかな酸味と、フレッシュな果実味、軽いタンニンが最後に感じられます。花という名前のとおり、香りが華やかでチャーミングな味わいです。

モルゴンみたいな濃いボージョレもいいですが、たまには軽快な赤ワインもいいですね。


作り手  :FAIVELEY[Domaine de Fonfotin]([フェヴレ]ドメーヌ・ド・フォンフォタン)
銘 柄  :FLEURIE 2005(フルーリー)
格付け  :AC FLEURIE(フルーリー)
セパージュ:ガメイ
価 格:1,900円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/17

Skillogalee Sparkling Riesling(スキロガリー スパークリング リースリング)

Dscn0128








 一ヶ月近く放置してました。飲んでいなかったわけではなく、載せたいなぁと思っていた内容もいろいろあったのですが、気づけばこんなに間が開いてました。もうちょいこまめに更新できればと思ってます。


今日の東京は、夏が戻ってきたかのように暑く、絶好のスパークリングワイン日よりでした。というわけで・・・
今宵は、オーストラリアのスパークリングワインです。
ぶどう品種は、ドイツなどでよく使用されている、リースリング種。リースリングはどうしてもヨーロッパのイメージが強いですが、オーストラリアのリースリングも結構イカしてますので是非お試しください。

 このワイン、結構濃い色合いです。きれいな黄金色といったところでしょうか。香りは、瑞々しい柑橘系フルーツの香りや青りんご、ミネラル香。口に含むと細かな泡が広がり、さわやかな酸味とミネラルを感じられます。果実味も申し分なし。よくあるうすっぺらいスパークリングではなくちゃんと味わいを感じられるワインだと思います。香りの感じが、ニューワールドのワインという感じがしないんですよね。ドイツっぽい。

 これ、かなりいいです。


データ
作り手:Skillogalee(スキロガリー)
銘 柄:Skillogalee Sparkling Riesling(スキロガリー スパークリング リースリング)
格付け:-
セパージュ:リースリング
価 格:1,980円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »