« アブサン・ウォーター(アブサンの水割り) | トップページ | Skillogalee Sparkling Riesling(スキロガリー スパークリング リースリング) »

2007/08/19

Cote du Ventoux Rose 2005(コート・デュ・ヴァントゥー・ロゼ)

Dscn0093










 今宵は南仏はローヌのロゼワインを飲んでいます。地区はコート・デュ・ヴァントゥー。ローヌでは南側にある地区です。この場所はトリュフなどで有名。ワインはあまり有名なものはありませんが、普段飲みのワインが造られています。

 ロゼワインは春から夏場にかけておいしく飲めます。赤ワインを飲むよりもむしろロゼワインのほうがお勧めです。
というのも、(あくまで個人的な考えですが・・・)正直夏に濃いワインは飲みたくありません。特に湿度も気温も高くなると、ワインではなくビールや発泡性のあるカクテルやキリリと冷えたカクテルのほうが美味しいと感じます。さらにワインでも樽香の効いた濃いシャルドネやボルドーのカベルネ、南仏のグルナッシュ、シラーなどは重すぎるので夏に飲むには相応しくない(飲んでいて疲れるので)と思っています。

 というわけで、夏はもっぱらカクテルや白ワインでも、ミュスカデ、リースリングやイタリアのプロセッコ、スペインのカバ、ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ(緑のワイン:微発泡性)等々、軽くて飲みやすいワインを選択するわけです。
そしてロゼですが、(物にもよりますが)気軽に飲めるワインとして愛飲しています。重過ぎなくてさわやかで、見た目も綺麗です。ただし、赤や白ワインに比べると日本で売っている数が少ないのがネックです。


 さて、早速飲んでみましょう。香りはラズベリーやイチゴ、すももなどの果実の香り。口に含むと爽やかな酸味と適度な果実味が口の中いっぱいに広がります。単純に飲んで美味しいと思えるワインです。今宵のワインは、いわゆるビオデナミなので少し不安があったのですが(コンディションの問題が大きい)、問題なく飲めました。


作り手  :Domaine de la Ferme Saint-Martin(ドメーヌ・デ・ラ・フェルム・サン・マルタン)
銘 柄  :Cote du Ventoux Rose 2005(コート・デュ・ヴァントゥー・ロゼ)
格付け  :AC Cote du Ventoux(コート・デュ・ヴァントゥー)
セパージュ:?
価 格:2,000円

|

« アブサン・ウォーター(アブサンの水割り) | トップページ | Skillogalee Sparkling Riesling(スキロガリー スパークリング リースリング) »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/16171217

この記事へのトラックバック一覧です: Cote du Ventoux Rose 2005(コート・デュ・ヴァントゥー・ロゼ):

« アブサン・ウォーター(アブサンの水割り) | トップページ | Skillogalee Sparkling Riesling(スキロガリー スパークリング リースリング) »