« 養命酒ソーダ | トップページ | Mojito(モヒート) »

2007/07/24

Langlois Chateau Langlois Vin Mousseux Rouge Cuvee Carmin(ラングロワ・シャトー・ヴァン・ムスー・ルージュ・キュヴェ・カルマン)

Dscn0046










 ここ最近は、泡ばかり飲んでいたのですが、デジカメを買い換えたので、PCへの転送方法が面倒になりBlogも更新してませんでした。今宵はデジカメの練習もかねて飲んだワインを載せていきます。

 飲んでいるのはロワールのヴァン・ムスー。作り手はボランジェ資本のLanglois-Chateau(ラングロワ・シャトー)です。この部ログでも二度ほど取り上げました。今回は泡は泡でも黒ブドウを使ったものになります。
 見ていただければ分かる通り、赤ワインのように濃い色です。というのも、カベルネ・フランを使用し色を完全に抽出して作っいるからです。
 この手の赤いスパークリングは、イタリアのランブルスコやニューワールドのシラーを使用したものなどありますが、どうしても味わいが甘くなってしまいます。このワインについては普通の赤ワインがスパークリングになった感じです。(まんまですいませんw) ところがこれについては、多少甘みが感じられるものの基本的には辛口に仕上がっています。夏なので、赤ワインはほとんど飲まないのですが、これならいけるといった感じです。

 さてさてそれでは飲んでみましょう。

 香りは、カベルネ・フランの特徴である、青っぽい野菜(ピーマンなど)やハーブ、カシスやブルーベリーなどの甘い果実の香りです。口当たりはやわらかく、繊細な泡が口内に広がります。軽く甘みを感じ、その後にしっかりとしたタンニンを感じられます。果実身もしっかりめ。ただ赤ワインのように重く感じないのは泡があるということと、酸味がしっかりしているので一本筋が通っているからだと思います。


 夏に赤ワインを飲みたい場合はこれがいいと思います。味わいは赤ワインでもスイスイいける。そんなワインです。是非お試しあれ。

 ついでに・・・ロワールのワインということで、ロワールのチーズを一緒に食べています。GALET DE LA LOIRE(ガレ・ド・ラ・ロワール)です。牛乳ベースのウォッシュタイプのチーズですが、癖がなくすごくクリーミィなチーズです。濃縮したクリームのような感じです。ウォッシュタイプのチーズが苦手な人でもいけると思います。


シャンパーニュ用のグラスを二種類ほどゲットしたので早速使ってみました。今回はバカラのドン・ペリニヨンです。
飲み口が非常に薄いので、ちょっと怖いですが、とても飲みやすい。やっぱりいいグラスはいいですね。
次回スパークリングを飲むときはリーデルを使う予定です。

作り手  :Langlois-Chateau(ラングロワ・シャトー)
銘 柄  :Langlois Chateau Langlois Vin Mousseux Rouge Cuvee Carmin(ラングロワ・シャトー・ヴァン・ムスー・ルージュ・キュヴェ・カルマン)
格付け  :Vin Mousseux(ヴァン・ムスー)
セパージュ:カベルネ・フラン 100%
価 格:2,100円

|

« 養命酒ソーダ | トップページ | Mojito(モヒート) »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/15899757

この記事へのトラックバック一覧です: Langlois Chateau Langlois Vin Mousseux Rouge Cuvee Carmin(ラングロワ・シャトー・ヴァン・ムスー・ルージュ・キュヴェ・カルマン):

« 養命酒ソーダ | トップページ | Mojito(モヒート) »