« CASAL GARCIA(カザル・ガルシア) | トップページ | Muscat Sec 2003(ミュスカ・セック) »

2006/08/25

EOS Chardonnay 2003(イオス シャルドネ)

Dsc02577_edited








 今宵は、カリフォルニアの濃厚なシャルドネを開けています。本来この時期にあまりこのような濃いニューワールドのシャルドネは飲まないのですが、どうしても食べたい物があったので、開けてみた次第です。

 開けているのは、EOS Estate Winery(イオス=エステート=ワイナリー)のEOS Chardonnay 2003(イオス シャルドネ)。名醸地であるソノマとセントラル=コーストのちょうど中間地点にあります。
 このEOSというのはギリシャ神話に出てくる女神の名前だそうです。このギリシャ神話の名前は、近代的なワインをただ作るのではなく(樽香にただたよるような)、古代から続いている原理的なワイン作りをしていこうということでつけた物とか・・・

 さて、以前ここのカベルネを飲んだのですが、とてつもない濃さにびっくりした覚えがあります。さっそく飲んでみましょう。

 香りは、パイナップルやバナナの甘い香りと、ヴァニラなどの樽から来る香りがします。かなり濃い香りです。口に含むと柔らかい酸味と凝縮した果実味とアルコールから来る甘み、アフターに軽い苦味を感じます。全体的に濃いのですが濃い部分で纏まっているのでバランスが悪くないと思います。


Dsc02582_edited








さて、冒頭に書きましたがどうしても、ゴルゴンゾーラで作ったパスタが食べたい気分だったので、作ってみました。ゴルゴンゾーラと生クリーム、ブラックオリーブでソースを作りペンネに絡めています。これだとさわやかなワインでは負けてしまうので、今日のような濃いワインと相性がいいと思います。

 ただこのパスタの欠点。ゴルゴンゾーラを初めとする青かびチーズの香りが、火を入れることによって増幅するので、部屋の中がゴルゴンゾーラの香りになってしまいます。苦手な人には、駄目かもしれません。
 チーズが大好きな私は、おいしくいただきました。クリーミーで美味しいですね。

データ
作り手:EOS Estate Winery(イオス=エステート=ワイナリー)
銘 柄:EOS Chardonnay 2003(イオス シャルドネ)
格付け:-
価 格:2,300円

|

« CASAL GARCIA(カザル・ガルシア) | トップページ | Muscat Sec 2003(ミュスカ・セック) »

ニューワールドのワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/11605300

この記事へのトラックバック一覧です: EOS Chardonnay 2003(イオス シャルドネ):

« CASAL GARCIA(カザル・ガルシア) | トップページ | Muscat Sec 2003(ミュスカ・セック) »