« 加賀鳶 純米吟醸 初呑み切り生詰 | トップページ | 生絞りグレープフルーツサワー & Whisky Sour(ウィスキー・サワー) »

2006/06/29

Sofia 2004 Blanc de Blancs(ソフィア・ブラン・ド・ブラン)

Dsc02394Dsc02399








 フランシス・F・コッポラと言えば、アメリカ有名な映画監督で、その娘のソフィア・コッポラも映画監督・脚本家・女優と映画の中で活躍している。監督作「Lost in Translation」が記憶に新しい。

 フランシス・F・コッポラは、1975年にカリフォルニアに畑を買って以来ワインを作っているが、決して趣味の世界ではなく、今となっては規模も大きくなり、ルビコンなどの銘酒を生産するまでにいたった。

 このワインは、娘のソフィア・コッポラのために作ったワインである。「大きくなったら君のためのワインを造るよ。」とソフィアに約束し、それが具現化したもの。(しかも結婚を祝して。ただし2003年に離婚してしまうのだが・・・)

ソフィアから

 ・シャンパンのようでシャンパンほどガスっぽくないこと
 ・値段も高すぎないこと

という条件を出されたという。


と、簡単な説明は置いておいて

 やはり今日の用に暑い日にはやさしい泡ものが最高。我慢できなくなったので早速開けてみよう。

 香りは、マスカット、白桃、洋梨、柑橘系のフルーツのフレッシュで甘い香りで満たされている。香りが非常にチャーミングな印象。口に含むと優しい泡と優しい酸味・・・そして軽い甘みが口の中に広がる。美味しい白ぶどうをそのまま食べているかのように感じる。

 見た目も香りも味わいも「チャーミング」の一言だろう。ワインが苦手な人でも美味しく飲める良いスパークリングワインだと思う。

このワイン、知り合いに娘さんが生まれたら、お祝いとしてもって行くワインにしている。見た目も綺麗だし、やはり「娘」の為に造ったワインなので丁度良い。

データ
作り手:Niebaum Coppora Estate Winery(ニーバム・コッポラ・エステート・ワイナリー)
銘 柄:Sofia 2004 Blanc de Blancs(ソフィア・ブラン・ド・ブラン)
等 級:-
価 格:3,150円


|

« 加賀鳶 純米吟醸 初呑み切り生詰 | トップページ | 生絞りグレープフルーツサワー & Whisky Sour(ウィスキー・サワー) »

ニューワールドのワイン」カテゴリの記事

コメント

おースキン変わってる。
夏ですなー!

投稿: クルクル | 2006/06/30 10:20

クルクルさん

夏っぽくしてみました。
ただ、カクテルとかは合いそうにないなぁw

南仏行きたいです><b

投稿: ネコまっしぐら | 2006/06/30 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/10727001

この記事へのトラックバック一覧です: Sofia 2004 Blanc de Blancs(ソフィア・ブラン・ド・ブラン):

« 加賀鳶 純米吟醸 初呑み切り生詰 | トップページ | 生絞りグレープフルーツサワー & Whisky Sour(ウィスキー・サワー) »