« Champagne再び | トップページ | Mojito(モヒート) »

2006/04/30

Ruelle Pertois Brut Rose(リュエル・ペルトワ・ブリュット・ロゼ)

Dsc02175








 ロゼシャンパーニュの魅力は、やはり色合いであろう。フルートグラスに注がれたロゼシャンパーニュ・・・グラスの底から、そのピンク色の海の中、細かい泡が液面へと立ち上っていくその姿は官能的ですらある。

 本来ならもっと良いグラスを使いところだが、「一人で飲んでいるだからまぁいいか」と思ってしまう・・・
それは置いておいて、前日の記事を見ていただいても分かるとおり、少々シャンパーニュのパンチドランカー状態だが、目の前にシャンパーニュがあれば我慢できなくなるのが心情と言うもの。ロゼだったら尚更である。

 今までの流れはいわゆるNM(ネゴシアン・マニピュラン)で大手メゾンのシャンパーニュだったが今宵飲んでいるのは、RM(レコルタン・マニピュラン)と言う小規模メゾンのものである。RMはブドウの栽培からシャンパーニュの醸造まですべて自社で行う。RMと言うのは(自ら栽培し、醸造する)と言う意味。

 さて、この色の鮮やかなシャンパーニュを早速頂くことにしよう。

 香りは、フランボワーズなどの赤い果実の香や、赤い花、そしてイースト香など。
やはり、ロゼシャンパーニュは華やかな香りがする。
口に含むと、優しい泡が口内を駆け巡り心地よい果実味と酸味ともに喉を降りていく。

軽そうに見えるが、結構重いシャンパーニュだ。香りと優しい味わいに騙されると、そのまま落ちて行きそうだ。

今夜も泡に抱かれながら気持ちよく夜を過ごせそうだ。

データ
作り手:Ruelle Pertois(リュエル・ペルトワ)
銘 柄:Ruelle Pertois Brut Rose(リュエル・ペルトワ・ブリュット・ロゼ)
格付け:Champagne(シャンパーニュ)
価 格:4,000円

|

« Champagne再び | トップページ | Mojito(モヒート) »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/9833452

この記事へのトラックバック一覧です: Ruelle Pertois Brut Rose(リュエル・ペルトワ・ブリュット・ロゼ):

« Champagne再び | トップページ | Mojito(モヒート) »