« Sirocco Muscat Blanc 2002(シロッコ・マスカット・ブラン) | トップページ | Champagne再び »

2006/04/28

Bar ODIN(バー・オーディン)

04280001








 まだ私が代官山で働いていた頃、そう、もう7年位前になると思う。一度このBarで飲んだことがあった。
 その時の私は、回週末になるとBarへ繰り出し、沢山のことを教えてもらっていた覚えがある。まだ働き始めのひよっこには、Barで楽しむなどという余裕もなく、ただただ緊張し、バーテンダーさんの動きに見とれつつ、その後ろにある酒の多さに驚いていた。
 
 そんな状態だったから、「酔う」なんてことは全くできなかった。純粋にBarに飲みに行って楽しめるようになったのはここ数年のような気がする。

 今となっては、Barカウンターの後ろに並んでいる酒瓶を見ても大体銘柄が分かるようになり知らない酒のほうが少なくなって来たのだが、このBarだけは少し勝手が違っている。並んでいる酒の殆どが全く分からないものばかり。さらに分かる銘柄でも、そのボトルはいつの時代の物か判別がつかない。

 そんなBarであるから酒好きの私としては非常に心躍るBarなのだが、今宵は非常に珍しくゲストと一緒だったので少し押さえ気味に酒の時間に入っていった。

 まず私は、いつもの同じようにギムレットを頼んだ、ゲストはホワイトレディを。奇しくも同じジンベースのカクテル。今日は結構暑かったので、ジンとライムの爽やかな感じがいい。初めてこのBarに入った時もギムレットを注文したことを思い出す。
 お互い一杯目を飲み終わった後、バーカウンターを見るとなにやら赤い物体が・・・トマトである。話を聞いてみるとトマトは冬から5月の頭にかけては置いてあるらしい。これはあれを飲むしかないということで、二杯目はブラッディメアリーを注文した。

 普通のトマトジュースではなくフレッシュトマトをその場で絞って作られた紅梅色のブラッディーメアリーは、表現するのが難しい・・・新鮮なトマトの味わいを前面に出したおいしいカクテルだった。なにやら、ゲストは国産のグレープフルーツを使ったカクテルを頼んだようで、溌剌とした香りが隣の私まで香ってきた。

 さて、その後二人で名物のモスコミュールでしばし感動した後、そろそろ茶色い酒を行こうかということでバーテンダーさんに持ってきてもらう。
 ゲストは、アイラモルトが好きだと言ったのを聞いたバーテンダーさんが持ってきたものが写真の酒である。ラフロイグの10年なのだが、作られた時代が違う。1970年代のラフロイグ。手前はオフィシャルのボトルで左奥が同じ70年代のものなのだがドイツのボトラーズ物らしい。どちらも普通には手に入らない代物なので迷っていたのだが、「オフィシャルのほうがいいですよね?」と笑顔で言われたので、「それでお願いします」とついつい返してしまった。ゲストはポート・エレンを所望した。このボトルも見たことのないものだ。
 さて、目の前に出されたのは普段飲んでいるラフロイグとは似ても似つかない濃い茶色の液体だった。香りを確かめてみる・・・ラフロイグの特徴的な香りはするのだが、いわゆる刺激的な強い香りはしない。それよりももっと甘いような感じがする。一口飲んでみる。

・・・

・・・

・・・

少し、時間が止まった。


 ここまで滑らかな、ラフロイグ・・・と言うより今まで飲んできたスコッチにはない味わい。これは旨い。

 ラフロイグの好きだと言っていたゲストにも飲んでもらったが、やはり初の体験だったらしい。バーテンダーさんとの酒の話が弾む。私とゲストバーテンダーさんのトライアングル。この空間だけ別次元になっていた。

 少し冷静になって周りを見渡すと、すでに店内は一杯になっていたようだ。酒や料理、はたまた宗教の話などしているうちにかなり時間が経っていたらしい。
 最後にコニャックを頼んで、店を出たのは22:30頃、楽しい時間が経つは早いもの。 後ろ髪を引かれる思いで、楽しい空間から店のドアを開けて現実へと戻っていく。


データ
Bar ODIN(オーディン)
JR恵比寿駅西口からすぐ。詳しくは上記HPで確認してください。

|

« Sirocco Muscat Blanc 2002(シロッコ・マスカット・ブラン) | トップページ | Champagne再び »

Bar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/9829703

この記事へのトラックバック一覧です: Bar ODIN(バー・オーディン):

« Sirocco Muscat Blanc 2002(シロッコ・マスカット・ブラン) | トップページ | Champagne再び »