« 転機 | トップページ | シャンパーニュ »

2006/03/13

Chateau Rauzan-Gassies 1997(シャトー・ローザン・ガシー)

DSC02026








 マルゴーには多くのワインがあり、その中でも1級のシャトー・マルゴーが特に有名である。
(某ワイン好き女優さんの名前のついた、サードワインもある・・・)
個人的には、シャトー・マルゴーよりシャトー・パルメの方が好きなのだが、それはいいマルゴーを飲んでないからなのかもしれない。
 さてさて、今宵はChateau Rauzan-Gassies 1997(シャトー・ローザン・ガシー)を頂いている。何気に1855年の格付けの時には2級を取ったシャトーなのだが、現在の評価はお世辞にも高いとはいえない。
(2級の中では結構買いやすいワインだと思う:値段的にも)

私の中では結構マイナーなシャトーで、2級の中ではたまにに忘れているときのあるシャトー・・・
そんなこともあって久々に開けてみた。

香りは、カシス等の黒い果実の甘いニュアンスと、タバコの葉・・・そして少し焦げたような・・・表現が難しいのだが、そんなニュアンスの香りがする。口当たりは非常に柔らかく、穏やかな酸味。アルコールもタンニンとなじんできていると思う。バランスもそんなに悪くない・・・ただタンニン(苦味)が少し強いかなと感じた。
飲んだ感じだと、これ以上置いておいても、下がるだけ(味、香りともに)なのかなと少し思う。今頃が丁度いいかもしれない。

 マルゴーにはもうひとつChateau Rauzan-Segla(シャトー・ローザン・セグラ)というシャトーがある。もともとローザン・ガシーと一緒だったのだが、訳あって現在は別々に分かれている。


データ
作り手:Chateau Rauzan-Gassies(シャトー・ローザン・ガシー)
銘 柄:Chateau Rauzan-Gassies 1997(シャトー・ローザン・ガシー)
格付け:AC Margaux(マルゴー)
DEUXIEME CRU CLASSE(デゥージィエーム・クリュ・クラッセ:メドック第2級)
価 格:3,000円

|

« 転機 | トップページ | シャンパーニュ »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

うぅ〜ん・・・。
この年のボルドーは平年並みの作柄でしたよね?
呑まれる時期が完璧だと思いますよ。

やはりメルローの表現は難しいですよね。
私、花粉症なのでここ最近、全く香りが解りませんです(涙

投稿: DOKA | 2006/03/14 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/9076162

この記事へのトラックバック一覧です: Chateau Rauzan-Gassies 1997(シャトー・ローザン・ガシー):

« 転機 | トップページ | シャンパーニュ »