« Asti(アスティ) | トップページ | Scharzhof 2004(シャルツホーフ) »

2006/02/22

TILENUS 2003(ティレヌス)

DSC01983








スペインの赤ワインで、飲んだことのない品種で作られているワインを見つけたので、買ってきた。
知ってるワインを飲むのもいいが(味が大体分かっているので安心感がある)、全く知らない新しいワインを飲み開拓していくのも楽しみの一つである。(たまに後悔するときもあるけれど・・・)

 新しいワインを明ける一瞬は、期待と祈りと不安が入り混じった複雑な心境になる。ナイフでキャップシールを切りコルクを引き抜く。コルクの香りを確認するときがまず第一関門。今夜のワインは大丈夫らしい・・・ほっと胸を撫で下ろす。

グラスに注いで香りを確かめ、口に含みゆっくりと飲み込む。

今夜はこのまま楽しめそうだ。

ということで、飲みながらこのBlogを書いている。

モカやヴァニラのような香りと、少しスパイシーなニュアンスのする果実味の凝縮した濃い赤ワインは、Bierzo(ビエルソ)という少々マイナーなDOで作られている。ブドウ品種もこの地域土着のメンシア種という黒ブドウで作られている。このブドウはカベルネ・フランと関係があるらしい。
香りの感じはカベルネ・フランというよりはカルムネールやマルベックぽいなと感じた。(どっちもチリ、アルゼンチンなどで用いる、マルベックはボルドーで補助品種として使われている)
フレンチオークの新樽100%らしいが、樽香がそんなにきつくなく、上手く抑えられている。


Bierzo(ビエルソ)は、ポルトガルの北側にあるDOで、カスティーリャ・イ・レオン州に属する地域である。この州にはリベラ・デル・ドゥエロやトロなど赤ワインで注目を集めるDOがある。


データ
作り手:Bodegas Estefania(ボデガス・エステファニア)
銘 柄:TILENUS 2003(ティレヌス)
格付け:DO Bierzo(ビエルソ)
価 格:2,500円

|

« Asti(アスティ) | トップページ | Scharzhof 2004(シャルツホーフ) »

スペインワイン」カテゴリの記事

コメント

リンク許可ありがとうございます。
これからもチョクチョクよらせていただきます。

確かに新しい、未知のものに触れるって勇気が要りますけど、ドキドキ感がたまらないですよね。
メンシア種ってのは初めて聞きました。
是非今度試してみます。

投稿: shin88 | 2006/02/23 00:38

>shin88さん

>確かに新しい、未知のものに触れるって勇気が要りますけど、
>ドキドキ感がたまらないですよね。
そうですね。それが楽しいんですよね。


>メンシア種ってのは初めて聞きました。
>是非今度試してみます。
初めて飲みましたが、かなり濃い品種ですね。飲んだら感想を教えてください♪

投稿: ネコまっしぐら | 2006/02/23 14:19

メンシア100%のティレヌスは日本でも入手することができます。サイト:ワインアラカルトで紹介されています。

投稿: 佐々木ローマ | 2007/03/09 13:01

>佐々木ローマさん
情報ありがとうございます。

造り手のHP見てみると、いろんな種類があるみたいですね。今度試してみたいと思います。

投稿: ネコまっしぐら | 2007/03/11 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/8790218

この記事へのトラックバック一覧です: TILENUS 2003(ティレヌス):

« Asti(アスティ) | トップページ | Scharzhof 2004(シャルツホーフ) »