« Scharzhof 2004(シャルツホーフ) | トップページ | 甲州きいろ香 2005 »

2006/02/26

Fita・Azul Reserva Sec(フィタ・アズール・レゼルヴァ・セック)

DSC01992








手軽に泡ものを楽しむには、シャンパーニュ以外を飲むしかない。そこで出てくる選択肢として
 ・フランス:クレマン、ヴァン・ムスー(多くの地域で作られている)
 ・スペイン:カヴァ
 ・イタリア:プロセッコ、アスティ(フランチャコルタは高いのでパスw)
 ・そのほかの国や、ニューワールドの泡物
ぐらいになると思う。普段手に入りやすいのはカヴァなのかな?と思う。

今宵は、Fita・Azul Reserva Sec(フィタ・アズール・レゼルヴァ・セック)というポルトガル産のスパークリングワインを頂いている。ポルトガルでスパークリングワインのことをEspumante(エシュプマンテ)と言う。
今宵のワインは、Metodo Classicoの表示があるので、シャンパーニュと同様に瓶内二次発酵で造られているようだ。
使っているブドウはゴウベイオ、マルヴァジア、コデガ、ラビガト種らしい(インポーターのHPより)この中ではマルヴァジア以外初めて聞く品種・・・

香りはバターなどの乳製品の香りや香ばしいパンの香り。フルーツだとグレープフルーツなどの柑橘系の香りか。何気にシャンパーニュのニュアンスに近い。そしてミネラル香。口に含むと綺麗な泡が口に広がり軽く甘みを感じる。
美味しいじゃない。これ。値段も手ごろでいい。もっと手ごろな泡物が日本に輸入されてほしいと思う。

泡物は基本的に大体の料理に無難に合うので、食卓でも気軽に飲めるワイン。見た目も綺麗だし爽快な気分も味わえるので(物によっては重いものもあるが・・・)赤ワインよりは日本でも広がりそうな気がするのだが、やはりドン・ペリニヨンを初めとする高級シャンパーニュのイメージがあって手を出しにくいのかな、と個人的に感じている。(それとも、泡物は普段飲むような物じゃないのかな・・・特別な日とか)

もっと泡物飲みましょう。美味しいですよ♪


作り手:Borges(ボルゲス社)
銘 柄:Fita・Azul Reserva Sec(フィタ・アズール・レゼルヴァ・セック)
格付け:
価 格:1,750円

|

« Scharzhof 2004(シャルツホーフ) | トップページ | 甲州きいろ香 2005 »

そのほかの国のワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/8849655

この記事へのトラックバック一覧です: Fita・Azul Reserva Sec(フィタ・アズール・レゼルヴァ・セック):

« Scharzhof 2004(シャルツホーフ) | トップページ | 甲州きいろ香 2005 »