« 正月 | トップページ | Shamrok(シャムロック) »

2006/01/14

Rose Pètillant 2004(ロゼ・ペティアン)

DSC01913








正月は非常に立て込んでいたので、久々のBlog更新となります。
で、今宵はボージョレの自然派として名高い、マルセル・ラピエールの珍しいペティアンを飲んでます。
ガメイ100%ロゼの泡物ですが、軽く甘めに作っているのでアペリティフとしてもいいかも。

香りはストロベリーやラズベリーなどの甘い香り・・・チャーミングです。
なんかほっとする味わいですねw

このワインもともと自家用として作っていようです。
そして、このワインに使っているガメイはモルゴンの畑というから結構びっくりしました。

このワインかなり濁っていますが、品質には問題ありません。(無濾過なので・・・)
こういう物として飲んでみてください。

データ
作り手:Domaine Marcel Lapiere(マルセル・ラピエール)
銘 柄:Rose Pètillant 2004(ロゼ・ペティアン)
格付け:Vin de Table
価 格:3,200円

|

« 正月 | トップページ | Shamrok(シャムロック) »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

見た目での印象だか、濃くて美味そう><b
日本酒の濁り酒みたいなもんなの?

投稿: かにかまぼこ | 2006/01/15 05:19

>かにかまぼこさん
見た目での印象だか、濃くて美味そう><b
日本酒の濁り酒みたいなもんなの?

ろ過してないって意味だと濁り酒みたいなもんですね。

ワインは普通濾過して、清澄するんですけど、この作り手は全くやってないので澱が入ったままになってます。
完全な自然農法で作っているのでぶどうの味は力強く、普通のワイン(この手の泡物としては)より濃い味わいだと思います。

投稿: ネコまっしぐら | 2006/01/15 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/8159956

この記事へのトラックバック一覧です: Rose Pètillant 2004(ロゼ・ペティアン):

« 正月 | トップページ | Shamrok(シャムロック) »