« Shàrjs 2004(シャリス) | トップページ | Schloss Johannisberger 1999 Riesling Auslese(シュロス・ヨハニスベルガー・リースリング・アウスレーゼ) »

2005/10/01

Chateau de Fonbel 1996(シャトー・ド・フォンベル) & Les Forts de Latour 1997(レ・フォール・ド・ラトゥール)

DSC01590








いつもお世話になっているBarでのこと。
私「最近ボルドーワイン飲んでないですよ。」
バーテンダーさん「そろそろ飲める時期じゃない?季節的に。」
私「サンテミリオンのワインが手持ちにあるんで、土曜日に一本持ってきましょうか?」
バーテンダーさん「いいよ。んじゃ俺もボルドー持って来るよ。」
バーテンダーさん「Ch. Pavie(パヴィ)とかどうよ?」
私「いいですねー。あ、でもポイヤックが飲みたいなー」
バーテンダーさん「了解。考えとくわ。」

というわけで土曜日に行ってきました。
私が持っていったのが、写真でいうと左側。サンテミリオンのワインです。
持ってきてもらったのは、右側。リクエスト通りポイヤックのワイン。

おー、レ・フォール・ド・ラトゥールじゃないですか。
かなり期待!1997だから結構熟成も入ってきてるかなぁ。

で二本同時に開けてみました。

まずは、私の持っていったChateau de Fonbel(シャトー・ド・フォンベル)から。
香りがまだ閉じてるようで。。。
しばし放置しつつ、Les Forts de Latour(レ・フォール・ド・ラトゥール)を飲んでみます。
このワインはかの有名なChateau Latour(シャトー・ラトゥール)のセカンドワインです。
セカンドワインとは言え、決して質が悪いということではなくシャトーの中でも樹齢の若いワインの木から取れたぶどうで醸造しています。
Chateau Latour(シャトー・ラトゥール)のように長期熟成させなくても早くから楽しめるワインでもあります。

やはりラトゥールの香りがします。
うれしいなぁ。思わず顔がほころんじゃいますね、こういうワインを飲むと。
1997ですが、まだまだ元気いっぱいの印象。このワインは男性的ですね。
香りはカシスや西洋梨の果実の香りや、ヴァニラの香り。奥のほうにマッシュルームなどの香りがします。
タンニンもいい感じでなじんできていますね。それでもまだまだ熟成させることが出来そう。

肉が食べたくなってきます。

さてさて、放置していたChateau de Fonbel(シャトー・ド・フォンベル)はどうなっているだろうと思い、グラスに鼻を近づけると・・・おぉ、香りが開いたようで。
煮詰めたジャムやコーヒーの香り、そして少し青い草の香り。柔らかいなぁ。
やはりサンテミリオンですね。

飲んでみると、非常に果実味が力強いのですが、とっても滑らか。喉越しも最高ですねぇ。
ここのシャトーはサンテミリオンで有名なCh Ausone(オーゾンヌ)のオーナーであるヴォーティエ家が所有しています。そういえばラベルを見るとオーゾンヌに似ていますね。

場所も(右岸・左岸)タイプも違うワインを飲んで、久々にボルドーワインの魅力に触れることが出来たと思います。

データ1
作り手:Chateau de Fonbel(シャトー・ド・フォンベル)
銘 柄:Chateau de Fonbel(シャトー・ド・フォンベル)
格付け:AC Saint-Emilion Grand Cru(サンテミリオン・グラン・クリュ)
価 格:3,000円


データ2
作り手:Chateau Latour(シャトー・ラトゥール)
銘 柄:Les Forts de Latour(レ・フォール・ド・ラトゥール)
格付け:AC Pauillac(ポイヤック)
価 格:13,000円

|

« Shàrjs 2004(シャリス) | トップページ | Schloss Johannisberger 1999 Riesling Auslese(シュロス・ヨハニスベルガー・リースリング・アウスレーゼ) »

フランスワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/6222421

この記事へのトラックバック一覧です: Chateau de Fonbel 1996(シャトー・ド・フォンベル) & Les Forts de Latour 1997(レ・フォール・ド・ラトゥール):

« Shàrjs 2004(シャリス) | トップページ | Schloss Johannisberger 1999 Riesling Auslese(シュロス・ヨハニスベルガー・リースリング・アウスレーゼ) »