« Blue Moon(ブルー・ムーン) | トップページ | Chartreuse Tonic(シャルトリューズ・トニック) »

2005/07/04

Dr.H.Thanisch Riesling Classic 2002(ドクター・H・ターニッシュ・リースリング・クラシック)

DSC01289






このブログにドイツワインを載せるのは、多分初めてだと思います。本来なら、この時期もっとドイツワインが飲みたいんですけど・・・なぜなら
 ・アルコール度数が低くて
 ・ちょっと甘くて
 ・酸味がきちんとある
 ・しかも手軽(物によるけど・・・)
のでグビグビいけるから。赤ワインはこの時期飲んでいると疲れちゃいますけど、ドイツワインはいけます。

ただ・・・日本では絶対的にドイツワインの扱う量が少なすぎ。
というか、百貨店のワイン売り場や、ネットでもいいですけど夏になるとボルドーのグランヴァンを売りさばきにかかりますが(特に1-5級のセカンドワイン)やめてくれないか?
とつくづく思います。しかもね、飲み頃のワインじゃないし。何年家で寝かせとけと言うのか・・・

季節感が無さすぎだとつくづく思ったり。
(嗜好品だから、別に夏飲むなって言ってるわけではないですよ。)

それより、ドイツワイン(QbAとかカビネットで十分)とか、ポルトガルのヴィーニャ・ヴェルデ(緑のワイン)とかロワールの若いやつとか、はたまたスペインのリアス・バイシャス産のアルバリーニョ種で作ったスッキリ白とか・・・あーサンセール・ミュスカデでもいいですな。

もっと手軽に飲める白ワインや泡を置いてくれないか?と切に思うわけです。

と、愚痴はおいといて。

今宵のワインは、ドイツはモーゼルのワインです。ブドウはリースリング。作り手はモーゼル御三家のターニッシュです。

ドイツワインの格付けとかは、話せば長いので・・・大枠だけ
QmP(クー・エム・ペー:指定13地域優良ワイン)
QbA(クー・ベー・アー:指定栽培地域優良ワイン)
Tafelwine(ターフェルヴァイン:テーブルワイン,並級)

んで、QmPについては、糖度によってワインの格が決まります。(甘いほど高い)
    Kabinett(カビネット)
    Spatlese(シュペトレーゼ)
    Auslese(アウスレーゼ)
    Beerenauslese(ベーレンアウスレーゼ)
    Eiswine(アイスヴァイン)
甘い↓Trokenbeerenauslese(トロッケンベーレンアウスレーゼ)

甘いほど高いです。そう意味では分かりやすいのですが、ワインの名前が覚え切れません。。。。
長いし、発音できないし・・・ドイツワインの弱点だと思います。
たとえば
 (1)ハッテンハイマー・ヴィッセルブルンネン
 (2)ラウエンターラー・バイケン
 (3)オッペンハイマー・クレーテンブルンネン
とてもじゃないけど覚え切れません・・・なんか銀河英雄伝説に出てきそうな勢いです。


長くなりましたが、ワインの感想を。
華やかな香り・・・ちょっとミネラル香も・・・酸味がしっかり!口の中で微妙に発泡してます。ピチピチした若々しいワイン。でも甘みもちょっぴりあるんですよね。
夏にはもってこいのワインです。しかも安い!
流石ターニッシュですね。(ターニッシュは本家と分家がある)


データ
作り手:Dr.H.Thanisch(ドクター・H・ターニッシュ)
銘 柄:Riesling Classic 2002(リースリング・クラシック)
格付け:QbA(クー・ベー・アー)
価 格:1,200円

|

« Blue Moon(ブルー・ムーン) | トップページ | Chartreuse Tonic(シャルトリューズ・トニック) »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/4830051

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.H.Thanisch Riesling Classic 2002(ドクター・H・ターニッシュ・リースリング・クラシック):

« Blue Moon(ブルー・ムーン) | トップページ | Chartreuse Tonic(シャルトリューズ・トニック) »