« アフロディテ | トップページ | キス・イン・ザ・ダーク »

2005/03/21

甲州-鳥居平

DSC00854





私の日本のワインの印象は、あんまり良いものではありませんでした。質の面で言っている訳ではありません。特にここ最近は非常にクオリティの高いワインも醸造されるようになっています。
ただしある程度のレベルのワインについては、はっきり言ってまだまだ高いです。同じお金を出せば、ボルドーやブルゴーニュのワインが買えてしまえるわけです。それならばわざわざ日本のワインを飲むことも無いだろうと思っていました。

そこで、このワイナリーです。日本の中でも一番好きなワイナリーになります。初めて飲んだのはキュベ三澤という高いものでしたが、とても美味しかったのでそのとき造り手を覚えておきました。

んで、勝沼に行ったときに行って来て、試飲した甲州が、とても美味しくしかも普段飲み出来るくらいの価格だったので、考えを改めました。

香り・・・いやほかの葡萄に比べ香が薄いんです。それが特長ともいえるのですが・・・。柑橘系の香、りんごっぽい香が微かにします。
スッキリとしたフレッシュな酸味。果実味も良い。味のあるワインに仕上がってます。

このワインはシュールリー製法で仕込まれています。
(折引きしないでワインと澱を接触させる製法・フランスではロワールのミュスカデが有名)


データ
作り手:中央葡萄酒造株式会社
銘 柄:グレイス甲州鳥居平畑 2003
格付け:-
価 格:2100円

|

« アフロディテ | トップページ | キス・イン・ザ・ダーク »

ニューワールドのワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/3383512

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州-鳥居平:

» 「グレイス甲州」がマレーシアで! [マレーシア奮闘記・異国の地にて思うこと]
日本のワインもおいしくなったものだ。City Square CentreからPlaza Ampangへの渡り廊下にあるマレーシア一うまい焼き鳥屋「天一坊」で食事をしているとワイン試飲の案内をもらった。何でも向かいで酒屋をやっているらしい。そのまんまの「Sakaya」という店で「グレイス甲州2... [続きを読む]

受信: 2005/04/10 19:51

« アフロディテ | トップページ | キス・イン・ザ・ダーク »