« スカイダイビング | トップページ | ジャック・ローズ »

2005/03/01

ワイン会・スペイン特集!

DSC00805DSC00806DSC00807DSC00808DSC00809DSC00810DSC00811DSC00812DSC00815DSC00814DSC00817DSC00816





久々の更新になります。去年末以来のワイン会を開催しました。お題はスペインワイン(ワイン王国の特集とあわせたわけではないです。)というわけでワイン会で飲んだものと食べたものを紹介していきます。
場所は知り合いのシェフがやっている府中のリストランテで行いました。
私たちのワイン会は、まずテーマを決めてあとは参加する人に赤とか白とか割り当てワインを買ってきてもらいます。あんまり高いのは買ってこないようにしてもらってます。(年2回だけ散財するワイン会もしますが・・・)ワイン会というよりは、美味いものを飲んで食べる会と言ったほうが正しいかな?

まずは一発目は泡ものということでCAVAです。ALBET i NOYAというボデガのCAVAです。このボデガは有機栽培のブドウを使用することで有名です。飲んだ感想としては、開けた瞬間からテーブルに広がるい香り・・・シャルドネが多めということで、ニュアンスはシャンパーニュに近いものを感じました。

それにあわせた前菜三種。まずは、一皿目「フランス産ホワイトアスパラの冷製スープウニのせ・ホタルイカのマリネ・オレンジとリコッタチーズの生ハムまき」アスパラ( ゚Д゚)ウマー!! 二皿目「ナスのオーブン焼き」三皿目「ウサギの背肉の???菜の花添え」(失念しました)ウサギ美味いそれと菜の花の苦味が最高にマッチ!! 写真はないのですが、飲んだのは「ベロンドラーデ イ リュルトン 2000」です。こいつはアメリカンオーク全開かというほど樽香がっちり果実味ドカンのマッチョなワインでした。場所はドゥエロ川で言うとポルトガル(河口)よりで、お隣のDOはトロになります。パーカー先生が絶賛していたようですが、確かに納得(パーカー先生好きそうなワインです)

んで次はパスタ三種「赤ウニのパスタ」「自家製カバテッリ豚とトスカーナ白いんげんとトマトソース」「自家製ビーゴリ 黒オリーブとゴルゴンゾーラソース」どれもこれもすごく美味しかった。個人的にはビーゴリの食感が最高ゴルゴンゾーラソースとの絡みも秀逸!
魚料理は、「メカジキのグリル」生のメカジキのブロックが、手に入ったのでそのままグリルにしたものです。写真では分かりづらいかもしれませんが、でっかいさらにドカンとメカジキがいます。これを5人で分けて食べました。
メインの赤ワインはヌマンシアです。これのDOはトロになります。このワインテンプラリーニョ100%なようです。香りはブラックベリーと熟成したブドウそのままの香りが・・・。香りは、弾けるように強いです。飲む前はガッチガッチだろうと思っていたのですが、以外や以外バランスがよろしい(硬いけど)タンニンも舌に残るようにざらざらではなく美味しかったです。それにあわせてもらったのはイベリコの肩ロースのグリル。脂が甘すぎ・・・美味しかった。

ラストはデザート。5人いたので5種類のデザートを出してくれました。それとあわせたラストのワインは、モリノ・レアル。マラガ産です。モスカステル(100%)これが最高のヒットでした。マスカットやマーマレードの香り、甘いだけではなくそれを支えるしっかりとした酸味、弾けるばかりの果実実。激( ゚Д゚)ウマー。ワインが嫌いな人でも飲めるワインじゃないかと思います。

こんな感じで土曜日の夜は過ぎていきました・・・。最高だった。

|

« スカイダイビング | トップページ | ジャック・ローズ »

スペインワイン」カテゴリの記事

祭り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/3132543

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン会・スペイン特集!:

« スカイダイビング | トップページ | ジャック・ローズ »