« Ch DAUZACのセカンドラベル | トップページ | 1977のオールドヴィンテージ »

2005/03/27

アブサン(ABSINTHE)

DSC00872-1





アブサン復活と言うことで、リカールやパスティス好きの私としては早速購入。何故に今までアブサンが、販売禁止だったといえば・・・。
 このアブサン、原料にニガヨモギを使います。このニガヨモギに含まれている【ツヨン】という成分が、常習性がある(要は麻薬みたいなもの)ということで、1915年WHOに禁止されてしまいます。
それが、1981にツヨンの含有量を10ppm以下であればOKよとWHOが承認したため復活と相成りました。(実際の製造は2002年以降)

本日は、「フロム・ヘル」のジョニー・デップばりにアブサンを飲んでみようかと(笑)。映画ではアブサン中毒の刑事役でした。
画家や、詩人なども好んでこのアブサンを飲んだといいます。
 ・ランボー
 ・ボードレール
 ・ゴッホ
などなど。

どのようにして飲むかといいますと、グラスに氷とアブサンを入れて水で割るだけです。夏の昼下がりにお外で気軽に飲む。そーんな飲み物だと思います。
飲みやすくするには、オレンジジュースで割るのもよろしいかと。

本日はちょいと手間をかけて見ました。(詳しい作り方は下記参照)アブサンは、55%もあるのでよく燃えます。火の取り扱いには注意してください。

グラスの上の物体は、アブサンスプーンです。本当はアンティークのものが良いんですが、結構高いのとタマ自体が少ないので手にいれずにいます。

アニス系の香りが嫌いな方は、やめておいたほうがよろしいかと。

データ
カクテル名:アブサン&ウォーター(名前は適当)
材   料:氷 適量, アブサン 適量, 水 適量, 角砂糖 1個

1.氷とアブサンを入れたグラスに水を注ぎ、軽くステア(まぜる)します。
2.グラスの上にアブサンスプーンを置いて、角砂糖を乗せます。
3.角砂糖の上にアブサンを垂らし、しみこませます。
4.角砂糖に火をつけ、適当なところでアブサンスプーンごとグラスに落とします。
5.アブサンスプーンで混ぜれば出来上がり。

|

« Ch DAUZACのセカンドラベル | トップページ | 1977のオールドヴィンテージ »

カクテル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/3462912

この記事へのトラックバック一覧です: アブサン(ABSINTHE):

« Ch DAUZACのセカンドラベル | トップページ | 1977のオールドヴィンテージ »