« スッキリ・さっぱり | トップページ | クレマン(ロワール) »

2005/01/07

寒いですよ。

DSC00707
いやー今日は寒かった。もともと北国生まれ北国育ちの私は、寒さには強いはずだったのですが、
東京に来てからだめになったようです。
本日は、夕飯が和食だったので、(白飯・白菜と油揚げの味噌汁・刺身・おから・漬物)日本酒にしました。
日本酒は大好きなのですが、飲むとすぐに酔っ払ってしまうので(元々お酒は弱い)、普段はあまり飲んでいません。
ついでにワインモードに入っているとどうしても酸味が少ないので物足りないと思うときがあります。
ただ、やっぱり日本食にはワインじゃなく日本酒が(・∀・)イイ!!と思います。
んで今日は島根の銘酒、李白 特別純米 無濾過 生です。
李白といえば唐の詩人で詩仙と呼ばれた人物です(杜甫は詩聖)この人はお酒も大好きだったようで、酒仙とも言われていたようです。

李白でお酒といえばこの五言律詩がお気に入りです。

月下独酌

花間一壷酒 花間一壺の酒
独酌無相親 独り酌んで相親しむ無し
挙杯邀明月 杯を挙げて名月を邀え
対影成三人 影に対して三人と成る
月既不解飲 月既に飲を解さず
影徒随我身 影徒らに我が身に随う
暫伴月将影 暫く月と影とを伴いて
行楽須及春 行楽須らく春に及ぶべし
我歌月徘徊 我歌えば月徘徊し
我舞影凌乱 我舞えば影凌乱す
醒時同交歓 醒時は同に交歓し
酔後各分散 酔後は各分散す
永結無情遊 永く無情の遊を結び
相期藐雲漢 相期して雲漢藐(はるか)なり

時期的にはまだですが、春の月夜一人酒を飲む状況を詠んだものです。
自分と自分の影と月影を交えて一人で飲んでる様子です。
美しい情景が浮かんできますよね。月を友とし飲むなんて
今ではなかなか難しいですが、すごく心豊かなな飲み方だとは思いませんか?

んでは、お酒の感想をば。
米は五百万石で磨きは58%のお酒です。
程よい吟醸香、お米の香りが気持ちよい。味わいは非常に濃い!米の味です。酸味も、味わいとの
バランスが取れていると思います。
個人的に山田錦より雄町や五百万石の方が力強い味わいで好きです。(山田錦は上品に纏まってしまう印象)
いやーいい酒を飲みました。

今日は、和食らしくほうじ茶で〆ました。

データ
 銘  柄:李白
 醸 造 元:李白酒造有限会社
 種  別:特別純米酒
 酵  母:協会9号
 原 料 米:五百万石
 精米歩合:58%
 日本酒度:+1.0
 酸  度:1.7
 アミノ酸:1.7
 度  数:18.6%
 価  格:1500円

|

« スッキリ・さっぱり | トップページ | クレマン(ロワール) »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

この正月に帰省したのでちょっとだけど地酒もってきました。一緒に呑もう。いつ行く ?

投稿: N | 2005/01/07 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74432/2495304

この記事へのトラックバック一覧です: 寒いですよ。:

« スッキリ・さっぱり | トップページ | クレマン(ロワール) »