2012/02/16

Blanc Fumé de Pouilly 2008 (ブラン・フュメ・ド・プィイ )

Dsc_0204


 また半年放置しておりました。ここ数年Blog以外にもソーシャルメディアが増えまして、FBとかTwitterの方がメインになっていました。何せ簡単で手軽というのもあります。ただし長い文章何かを書き込むにはどうしても難があり、せっかくいいワインを開けるので久々にこっちを更新してみようと思った次第です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

Tassinaia 2003(タッシナイア)

Dsc_0099

 今宵はトスカーナのワインで一献

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/17

Romanée-Saint-Vivant Grand Cru Les Quatre Journaux 2004(ロマネ・サン・ヴィヴァン・レ・キャトル・ジュルノー)

Dsc_0098


今宵はブルゴーニュのワインで一献

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/09

勝駒 純米吟醸 生酒

Dsc_0091


今宵は富山の日本酒で一献。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/07

CHÂTEAU COS D'ESTOURNEL 2007(シャトー・コス・デストゥルレヌ)

Dsc_0088

 今宵はボルドーの赤ワインで一献。


» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/27

Vin de Liqueur A L'ARMAGNAC(ヴァン・ド・リクール・ア・ラルマニャック)

Dsc_0069


 今宵はアルマニャックのヴァン・ド・リクールで一献。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/21

Chateau Montelena Chardonnay 2008(シャトー・モンテリーナ・シャルドネ)

Dsc_0052


 今宵はカリフォルニアの白ワインで一献。


 約一ヶ月ぶりの更新です。先月ご存知のとおり東日本大震災が3/11にありまして、実家(岩手)も東京にいる自分もゴタゴタが続いていたのですが、実家の方は大きな被害も無く自分自身も一日帰宅難民になった程度で済みました。此処最近はワインではなく、地元の日本酒を中心に飲んでいてBlogにも上げようかと思ったのですが、結局上げずじまいだったので、此処では記事の題名とは異なりますが、岩手のオススメの日本酒の蔵を書いていきたいと思います。個人的にショックだったのは岩手県民にはおなじみ、雪っこを作っている陸前高田にある酔仙(すいせん)が丸ごと津波に流される映像でした...今後も微力ではありますが、酒好きとして地元の酒をちょくちょく飲んでいきたいと思っています。

 【岩手のオススメの蔵】
  ・南部美人(二戸市):多分岩手では一番有名な蔵。都内でも購入できる店は多いと思います。
  ・月の輪(紫波郡):女性の杜氏がやっている蔵です。純米がオススメ
  ・鷲の尾(八幡平市):個人的に一番オススメの蔵。基本的には地元流通のみですが、東銀座にある、岩手銀河プラザで購入可能
  ・浜千鳥(釜石市):沿岸の蔵では此処が一番好きです。ネットショップ(蔵のHPや楽天等)また都内の酒屋さんでも扱っているところがあります。ここも純米が好きです。
  ・吾妻嶺(紫波郡):吟醸、生酒が好きなら此処がオススメです。非常にフルーティな香りがします。
  ・菊の司(盛岡市):非常に安定した造りの蔵です。盛岡市内にあり建物も趣があります。蔵付近も古い建物が多く観光にもオススメ。

 たまたま岩手の酒を飲んでみたいということならば今上げたところは大体はずれが無いと思います。なにか機会があれば是非飲んでみてください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/09

Monthelie Les Duresses 2006(モンテリー・レ・デュレス)

Dsc_0016_2


今宵はブルゴーニュワインで一献

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/19

Fukuno 2009

Dsc_0004


 今宵は日本のスパークリングワインで一献。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/16

桔梗ヶ原メルロー 2003

Dsc_0002_2_2

 今宵は、日本のワインで一献

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«Condrieu la Doriane 2007(コンドリュー・ラ・ドリアンヌ)